BOデータバンク

10分・5分・2分の短期バイナリーオプション比較


海外のバイナリーオプション会社はすべて60秒後の価格を予想する「60セカンズ」が人気です。その一方で、もう少し長い期間での取引を希望する人も多いのも事実。ペイアウト率も60秒バイナリーオプションより高い傾向にあるようです。そこで、各社が提供する短期バイナリーオプションのラインナップを確認してみましょう。

 

短期バイナリーオプション対応時間一覧

業者名 対応取引 備考 詳細
ハイローオーストラリア 30秒/1分(60秒)/3分/5分 ペイアウトが2倍になるスプレッド取引あり 詳細
オプションビット 30秒/45秒/1分(60秒)/2分/5分 詳細
ファイブスターオプション 1分(60秒)/3分/5分 詳細
the Option 30秒/1分(60秒)/2分/3分/5分 ペイアウトが2倍になるスプレッド取引あり 詳細

 

超短期は予想しやすいもののトレンドを追いづらいデメリットも

超短期の取引はトレンドに乗るいわゆる「順張り」がオススメの取引となりますが、トレンドの最中でも上がったり下がったりを繰り返しながらトレンドを追ってゆきます。
超短期の場合はトレンドの方向感はあっているものの、タイミングによって逆に触れることもあり、そのタイミングで判定がされることもあります。そういう意味では3分や5分バイナリーオプションのほうがテクニカル分析が通用しやすいバイナリーオプションとも言え、超短期とは違う戦略が楽しめます。




キーワード