BOデータバンク

1分(60秒)のバイナリーオプション「60セカンズ」比較


海外のバイナリーオプション会社はすべて60秒後の価格を予想する「60セカンズ」を提供しています。この60セカンズがすぐに結果がでるため大人気なのです。

60セカンズは判断時のレートが購入時のレートに近いため勝ちやすいといえます。ペイアウト率が他のバイナリーオプションより低いのも勝率が高い証拠です。また、いつでも買えるので確実性の高いところだけに絞ってほしいタイミングだけ投資をすることができるのです。各社とも力をいれているサービスなので、ペイアウト率やサービスが似ていますが、最低投資額、チャート表示、モバイル対応などで会社を選ぶとよいと思います。
 

60秒オプション(USD/JPY)のペイアウト率と最低投資額の比較表

業者名 ペイアウト率(USD/JPY) 最低投資額 詳細
ハイローオーストラリア(ターボ) 82% ¥1,000 詳細
ハイローオーストラリア(ターボスプレッド) 100% ¥1,000 詳細
オプションビット 76% 10$ 詳細
ファイブスターオプション 73% ¥100 詳細
スマートオプション 70% ¥500 詳細
the Option(短期) 81% 10$ 詳細
the Option(スプレッド短期) 100% 10$ 詳細
※2017年5月4日のペイアウト率で比較しています。

 

スプレッド付き短期取引はペイアウト率が100%

 

 

HIghLowオーストラリアとthe Optionは「スプレッド付き取引」を提供しており、この取引ではペイアウト率が100%(2倍)になります。
ポイントは文字通り「スプレッド」が存在することで、例えば60秒オプションの場合、両社とも0.2銭のスプレッドが設定されています。現在のUSD/JPYの価格が112.7円の時、普通のバイナリーオプションでは112.7円から上か下かを予想する形になりますが、スプレッド取引の場合112.702円より上か、112.698円より下かを予想することになり、1分後に112.698〜112.702円の間の値段で終了した場合外れになります。
相場が動かない場合外れになる分当たった時のペイアウトが増える仕組みです。




キーワード