BOデータバンク

海外バイナリーオプション取引種類で比較


海外バイナリーオプションは採用しているプラットフォームの違いなどにより取引出来る種類に違いがあります。取引種類が多ければ様々なシーンであった取引を利用することができ、戦略にも幅が生まれます。ここでは海外バイナリーオプション業者毎の対応取引を比較します。

Ybinary(Yバイナリー)
Ybinary
デジタルオプションに特化した取引を提供

Ybinary(Yバイナリー)は日本国内に特化して開始した新しいバイナリーオプションサービスです。銘柄の数が非常に多いのが特徴で、取引はデジタルオプションに特化したのが特徴です。ペイアウトや取引時間が異なる取引が多数あり、デジタルオプションの幅を広げています。

ハイロー/オプション ○(500%オプションあり)
ワンタッチオプション × 非対応
レンジオプション × 非対応
ラダーオプション × 非対応

スマートオプション SmartOption.jp
smartoption
新プラットフォーム採用で取引種類が増加

SmartOptionはSpotOption系のプラットフォームを採用していますが、新機能を積極的に取り入れ、他社と差別化を図っています。海外バイナリーオプション業者の中では珍しいラダーオプションが取引可能なので国内バイナリーオプションと同じような感覚での取引をすることもできます。

ハイロー/オプション
ワンタッチオプション
レンジオプション × 非対応
ラダーオプション × 非対応

オプテック Opteck-jp.com
オプテック Opteck-jp.com
使いやすいプラットフォームと利用者の評価が高い業者

取引種類はハイロー・ワンタッチ・レンジに対応しており、短期取引も30秒まで可能と業界トップクラスの取引種類をサポートしています。

ハイロー/オプション
ワンタッチオプション
レンジオプション
ラダーオプション × 非対応

オプションビット OPTIONBIT
オプションビット OPTIONBIT
主要取引を網羅。短期取引も充実!

オプションビット(Optionbit) は主要3取引(ハイロー・境界・ワンタッチ)をサポートしており、さらに超短期取引にも対応しています。

ハイロー/オプション
ワンタッチオプション
レンジオプション
ラダーオプション × 非対応




キーワード