BOデータバンク

国内バイナリーオプション2013規制とは


国内バイナリーオプションは2013年8月1日に新規制が施行されました。以降、旧ルールでの新規参入は正式に禁止となり。新規制に対応していない既存のサービスについては、2013年11月30日までの経過措置をもって、サービスの終了をすると共に取引ルールの変更に則った新サービスの提供がなされています。

いままでバイナリーオプションの代表的なイメージであったわずか数分後のレートがHIGHかLOWかを予想するだけのシンプルなサービスは国内業者では提供できなくなりました。

このコラムでは、このバイナリーオプションの規制内容と共に、国内バイナリーオプションの対応に関しても解説します。

取引期間が2時間以上に

原則として、取引開始から判定時刻までの間隔は2時間以上かつ、1営業日に設定できる判定時刻の最大数は12回と定めています。
従来慣れ親しまれた取引開始から判定時刻まで最短5分、10分といった短期間のオプションは禁止され、最短2時間からしか取引できなくなります。また、1営業日の判定回数が減ってしまいますので、以前ほど頻繁に取引することは難しいと考えたほうがよいでしょう。

判定時刻ギリギリ(2分前)までは取引可能

取引開始から判定時刻までの間隔は2時間以上とあるので、判定時刻の2時間前までしか取引ができないか、というとそういうワケではなく、ガイドライン上には「売買終了時間は、可能な限り判定時刻に近づける必要がある」という記載があるとおり、2分前まで売買は可能なものが一般的です。ここは従来とあまり変わりません。

権利行使価格が判定の2時間以上前に決定

権利行使価格とはバイナリーオプションの基準になるレートのこと。この基準になるレートに対して判定時刻のレートが上か下かで勝ち負けが判定されます。FXトレードフィナンシャルの従来の「HighLow」は、この基準レートが購入時点の価格になっていました。新ルールではこのような取引はできなくなり、基準レートは判定の2時間以上前に決定されたものになります。
逆にバイナリーオプションの購入価格は、時間の経過と共に刻々と変わり、判定時刻近くになればなるほど勝っている場合は儲けが少なくなってゆき(勝つ確率が上がるため)、負けている場合はゼロに近くなっていきます。

途中でポジションの解消が可能に、かつ2WAY価格の表示へ

従来のバイナリーオプションはFXトレードフィナンシャルなど一部業者は途中ポジションの精算が可能でした。これからは基本スペックとして途中でのポジションが可能になります。これに対応してバイナリーオプションの取引価格にも、通常のFXと同様に売値と買値の両方を提示する2WAY方式が採用されます。これは取引をキャンセルする際にポジションを解消するための価格を提示しておく必要があるため、「売り」と「買い」の価格を両方提示する(2WAY方式)ようになるのです。




キーワード