BOデータバンク

CTオプション(CToption)


ご覧の業者は口座開設できません
現在ご覧いただいている業者は現在国内からの口座開設を停止している、もしくは事業を撤退したため口座開設できません。情報は過去の参考情報となるのでご了承ください。
 

「最先端テクノロジー」を搭載したバイナリーオプション

CTOption(CTオプション)は英国ロンドンに本社を置き、FCA(金融行為規制機構)によって認可と規制を受け事業を展開しているバイナリーオプション業者です。30秒取引という超短期バイナリーオプションから最長3ヶ月長期バイナリーオプションまでの幅広い取引レンジと自動取引を行う「ロボットトレード」や、他の取引成績の良い人の取引をコピーして取引する「レプリケーター」、さらにはプロトレーダーの取引をコピーする「レプリケータープロ」など、他社にないユニークな取引を提供します。

CTOption(CTオプション)取引ルールの特徴

CTOption(CTオプション)はハイ/ロー・レンジ・ワンタッチと短期トレードの「ハイパー」を提供しています。
ハイパーは30秒・60秒・2分・5分・10分という時間での取引が可能です。

 

直感的にわかる取引画面

CTOption(CTオプション)の取引画面は直感的にわかりやすい画面になっています。上のタブから「ハイ/ロー」「レンジ」「ワンタッチ」「ハイパー」のいずれかを選ぶとチャートが表示されます。


 

CTオプションの取引ツールが他社と違うところは取引が始まると更に詳細なチャート画面が表示され、そこで取引の経過が見守れるところにあります。この取引中のチャート画面は数ある会社の中でも特にわかりやすいと思います。


 

他のトレーダーの取引を完全コピーする「レプリケーター」

CTオプションは取引支援の機能が非常に充実しているのが特徴です。その中のひとつ、他のトレーダーの取引をコピーするのが「レプリケーター」です。これは、スマートオプションの「iフォロー」と類似の機能になります。他に成績のよさそうな人をさがしだし、その人の取引をコピーするものです。あとはほったらかしでもコピーしたトレーダーが取引をすると同じタイミングで同じ取引が実効されます。数日後に取引実績を確認すると結果がわかります。

上のようなトレーダーを探す画面から「COPY」ボタンを押すと、1回あたりいくらの投資を行うかを選ぶ画面に遷移します。最低5$から選ぶことができます。

 

取引のプロのトレードをコピーする「レプリケータープロ」

CTオプションのミラートレードシステムの革新的なシステムが「Replicator Pro」。「レプリケーター」は口座開設者なら誰でも利用できる機能なのですが、「レプリケータープロ」は$5000の入金がないと利用できないシステムになりますが、それなりの価値があるくらい革新的なシステムになっています。レプリケータープロは、トッププロトレーダーの取引をコピーすることが可能で、1日$50の利益を目標としています。
レプリケータープロで取引したい場合、取引ツールで操作するのではなく、アカウントマネージャーに接続の依頼メールをすることで開始できます。

上記図のGeorgeさんは当月には79回取引しており6,172ドルの利益を上げています。この取引をそのままコピーして取引してくれるものになります

「レプリケータープロ」はノーリスクで2週間試すことが可能

「レプリケータープロ」は非常に優秀なトレーダーの取引がコピーできるシステムですが、$5000という大きなお金を入金する必要があります。これではリスクはあるため、ノーリスクで2週間取引を試すトライアルが可能です。他社にはないノーリスクトライアルサービスであり、レプリケータープロ(ミラートレード)に興味がある場合試してみるのも面白いです。トライアルサービスはご入金額$500~。 「レプリケータープロ」のトライアルに接続希望の場合はアカウントマネジャーにメールします。ノーリスクで2週間お試しできます。2週間後仮に$500を割り込んでいる場合は損失を補填し$500の出金ができます。利益が出ている場合は、残額を入金し継続すればトライアル中に得た利益も受け取ることが可能で、やめる場合は$500満額での出金ができます。

シグナルサービスの「ライブトレーディングルーム」

入金額に応じてシグナルサービスによる取引も可能になります。$1200以上の入金者は「スタンダードアカウント」,$5000以上の入金者は「エグゼクティブアカウント」という扱いとなり、スタンダードアカウントの場合は定期的に開催されるWEBセミナーであるウェビナー中にレッスンを受けながらシグナル取引が可能となり、エグゼクティブアカウントの場合はいつでもシグナルサービスが利用可能となります。

ライブウェビナー、実際の取引をコーチと一緒にグループで行います。わかりやすいシグナルなのでビギナーの方からも始められます。月曜日~金曜日、pm9:00 – pm10:00 【日本時間】に開催されます。現状では英語で行われるのでシグナルの見方だけでもわかれば取引がしやすいかもしれません。

上の図の赤い四角は取引時間を示しています。【M5: 5分】【M1: 1分】【H1: 1時間】という意味になります。グレーの矢印が出た時は注目となります。矢印が上向きならハイ、下向きならローです。緑の矢印はハイのシグナルで赤の矢印はローのシグナル。となります。このシグナルの意味を理解したうえで実際の結果をみてみるとかなりシグナル通りに為替が動いていることがわかります。ライブウェビナーが英語であってもシグナルの見方が分かれば取引は簡単にできると思うのでチャレンジしてみる価値はあると思います。

関連記事




キーワード