BOデータバンク

海外業者の選び方


海外バイナリーオプション業者は最近非常に増えてきており日本国内でも続々とサービスを開始しています。
どの業者もサービス開始に合わせて魅力的なキャッチコピーとボーナスキャンペーン等を展開してプロモーションを積極的に行っており、どの会社を選ぶかの判断が難しいのですが、中には「怪しい」会社があることこも事実です。
海外バイナリーオプションは日本の金融当局の管理下にないため、国内の規制の対象にならない一方、万一の場合も保護してもらえないため自己責任での投資となります。なので、会社選びの重要でいわゆる「怪しい」会社を選ばないようにする必要があります。ここでは当サイトの掲載の基準にしている会社の選び方をご紹介します。

 

サイトに運営会社情報が記載されていない会社は選ばない

バイナリーオプションのサイトを見た際に意外と多いのは運営会社に関する記載がないパターンです。
私たちの大事なお金を預けるので、少なくとも自分を名乗らない会社は信用できない会社と当サイトは判断しています。
他のバイナリーオプション紹介サイトでも紹介されており、知名度もそこそこありそうな会社(例えば「バイオプ」など」)でも運営会社の記載が無い会社もあり、実際トラブルの報告が多数上がっています。

 

運営実績の長い業者を選ぶ


長い間運営を行っている実績のある会社は少なくとも実績のない会社よりは安心出来る会社と判断しています。
バイナリーオプションは淘汰が進んでおり、日本に進出したものの突然撤退しているというパターンもあり、「トレードラッシュ」「24Option」「Yバイナリー」など当時日本でも人気のあった業者も撤退してしまいました。
撤退したからといって取引出来ないわけでは無いのですが、日本語のサポートが終了されたりして不便なことになる恐れがあるためにできることなら避けたいところです。
そういう意味で日本でのサービス実績の長く今でもサービスしている会社はある程度顧客もついていると思われるため安心度が増すと考えます。

 

問い合わせ対応で選ぶ


気になった業者には実際に問い合わせをおこなうことをお勧めします。
こうすることで日本語サポートのレベルを知ることができ、会社としての姿勢を知ることができます。
問い合わせに対してロクに回答をくれない業者は困ったときにも対応してもらえる望みが薄く、口座開設するに値しない会社と判断して問題ないでしょう。
当サイトでは、各社に問い合わせを実際に実施して対応が悪かった業者の掲載は行わないようにしています。

 

金融当局の登録業者を選ぶ


バイナリーオプション業者の中にはキプロス、オーストラリア、ロンドンなどの金融当局に登録している業者とそうで無い業者が存在します。
登録業者はサイトの会社情報の記載しているところなどに登録番号が記載されていることが多いです。金融当局の認可があれば絶対安心、というわけではないですが一つの目安になることは確かです。




キーワード