BOデータバンク

海外バイナリーオプションのメリットデメリット


海外バイナリーオプション

海外バイナリーオプションの魅力は「短期取引」

海外バイナリーオプションのメリットは何と言っても「短期取引」があることです。どの業者でも60ミニッツなどの名称で60秒オプションを提供しています。これは、買うときの価格から60秒後の価格が上か下かを予想するものです。2時間後の為替を予想するより60秒後の為替を予想するほうが予想しやすいため非常に人気があるのです。

さらに最近は一部の業者では「30秒オプション」という超短期取引の提供もされています。これは文字通り30秒後の為替を予想するものです。これとは別に「3ヶ月」という長期オプションを提供する業者もあるなど、取引の種類は多彩なのが魅力です。

海外バイナリーオプションは投資対象は為替だけでなく、株式や指数の取引も可能

海外バイナリーオプションの取引対象は為替だけではありません。どの業者も為替意外に株式や指数、コモディティのバイナリーオプションも提供しており戦略の幅を広げています。

株式に関しても世界中の株式から厳選された銘柄の取引が可能で、アメリカのAPPLEやAMAZONなどの超有名企業から中国の百度、インドのタタモータスなど世界中の株式を投資対象とすることが可能です。日本の株式としてはソニーなどの企業がラインナップされています。

個別企業の株式だけでなく、指数での取引も可能で日経225先物を始めNASDAQ100先物やダウジョーンズ30先物など、世界各国の株価指数でのバイナリーオプション取引も可能なのです。

国内バイナリーオプションは週末にログインすらできないところが多い

国内のバイナリーオプションは基本的には週末の土日には取引することができず、取引ツールにログインすらできないところが多いです。対して海外バイナリーオプションの一部の業者は短期オプションではないのですが、週末でも一部の取引が可能になっています。

海外バイナリーオプションのデメリット

海外バイナリーオプションは国内業者では当たり前のことができないこともありそこがデメリットになってきます

例えば、出金に関して、いつでもいくらでもできるというわけでなく業者によっては最低出金額未満の出金は口座解約時のみで通常の出金には最低額に制限があったり、出金に手数料がかかる業者も存在します。また、送金に関しては海外送金になりますので出金手数料に加え送金の過程で銀行から送金手数料を差し引かれることになります。

国際送金にも時間がかかるため、出金指示をだしてから2週間程度は待つ必要があるのですが、それを知らないためにお金が振り込まれないとクレームになるケースもあります




キーワード