BOデータバンク

トラブルにならないために最低限知っておくこと


最近ネット上に海外バイナリーオプションでのトラブルのニュースや書き込みを見かけます。星の数ほど存在する海外のバイナリーオプション業者の中には本当に怪しい業者がある可能性もあるのですが、ネット上でトラブルになっているのは事前にサイトに書いてある注意事項等をよく読まずに申し込み、トラブルになっているケースも多数散見されます。

海外のバイナリーオプション業者は国内のバイナリーオプションに比べ多彩な取引を提供しているのが特徴ですが、運営自体海外で行われている業者なため、日本の規制に該当しません。トラブルがあっても手段が限られるため自己責任によって取引を行う必要があります。そのためには海外バイナリーオプションの性質をよく知ることが重要です。

一番報告が多いのは出金にまつわるトラブルです。ただ、出金に関しては海外バイナリー各社のHPに細かいルールが記載されていることが多いといえます。まずルールを知ってから取引することをオススメします。

出金には時間がかかることを知っておく

出金指示をだしても入金されない、詐欺だ!というトラブルがしばしば報告されています。ただ実はまだ送金中なだけ、というケースがも結構あるようです。

バイナリーオプション業者が即日に出金の手続きをしたとしても海外送金は時間がかかる上に振込の課程で複数の銀行を経由していることも多々あり、振込手続き完了から約1週間から2週間ほど時間がかかるケースもあります。2週間程度待っても着金が確認出来ない場合は問い合わせをしてみるのがよいでしょう。

ボーナスの条件をよく確認する

海外バイナリーオプションは国内の業者に比べるとびっくりするくらい高額なボーナスがもらえるキャンペーンを行っています。このボーナスですが受け取る際に条件(引き出し条件)があることをご存知でしょうか?

その条件を理解しないためにトラブルになるケースも少なくないようです。キャンペーンやボーナスを受け取るとその受け取った金額の10倍~ 35倍(ボーナス額に応じて変動)の取引が必要に成るケースが多く、例えば2万円の入金に対し50%のボーナス(引き出し条件10倍)となっていた場合、1万円のボーナスが受け取れますが、その受け取った10倍(10万円)の取引をする必要があることを意味します。

引き出し条件を達成せずに全額出金を行おうとするとボーナス額が差し引かれた形での出金になったり、最悪業者によっては出金できないケースがあり、このケースでトラブルになることが多いようです。そのため、トラブルを防ぐためにのボーナスを受け取る前に必ず引き出し条件を確認しましょう。業者によってはボーナスの条件を満たす前に出金をしようとした場合、受取額を返した上での出金が可能になる業者もあります

出金前には本人確認書類の提出が必要

海外バイナリーオプションは口座開設時はほんの数項目の入力で完了できますが、本人確認ができないと出金ができないあるケースがほとんどです。このため身分証明書の提出を求められます。写真付身分証明書・現住所確認書類・使用されたクレジットカードの両面コピー(番号は下4桁以外伏せて提出)のケースが多いようで、これらの本人確認書類を提出した上での出金依頼を行いましょう。

出金には最低出金額以上でないと出金できない場合があることを知っておく

ほとんどの業者が5,000円以上などの最低出金額の条件をつけており、最低出金額以上でないと出金できないケースが多いです。出金を依頼する場合最低出金額を上回る額での出金依頼を行うようにしましょう。ただし口座解約時は最低出金額を下回っていても出金できる場合がほとんどです。

出金口座情報が正しく伝わっているか?

意外とよくあるトラブルはバイナリーオプション業者がきちんとが振込の手続きを行ったにもかかわらず問題が発生し振込できなかったケースです。通常時はしばらくたってからサポートから連絡が入りますが振込口座が正しく伝わっていなかったというケースも少なくないようです。海外バイナリーオプションでの送金は国際送金になるため、国際送金できるよう情報をきちんと伝える必要があります。特に「SWIFTコード」などは調べて伝えるようにしましょう

ボーナスの「引き出し条件」を確認しよう

海外バイナリーオプションは口座開設+入金の時点でかなりのボリューム(例えば、入金額の100%など)のボーナスがプレゼントされるケースが多いです。

入金額に応じてかなりのボーナスがもらえることになりますが、通常このようなボーナスには「引き出し条件」が設定されており、この条件がクリアできないとボーナスはおろか元金に出金すら認められなくなるケースがあります。ボーナスのオファーがあったとしても引き出し条件を確認し、条件が満たせなさそうである場合、ボーナスの受け取りは必須でないため辞退しましょう。




キーワード