BOデータバンク

各国通貨の特徴 〜アメリカドル〜


世界の基軸通貨としてもっとも有名な通貨です。政治・経済などの情報が入手しやすいため、他の通貨に比べると値動きを予測しやすく、FX投資を始めるにあたってまずは検討してみる通貨かもしれません。アメリカの政治・経済動向はもちろん、金融政策も世界の為替市場に大きな影響を与えます。アメリカ合衆国(以下米国)の使用通貨はドル、各国のドルと区別をつけるため、「米ドル」、「USD」などと表記されます。基軸通貨といえば、まずは米ドルを指します

過去10年の価格推移

アメリカドル

 

アメリカドルの特徴

米ドルはかつて「有事のドル買い」と言われた安全通貨でしたが、米国がテロの対象となった2001年9月11日の世界同時多発テロ以降「有事のドル売り」と言われるようになりました。

また米ドルは、2000年頃には世界の外貨準備高の71~72%を占めていましたが、2006年末には65%を切っており、徐々にその割合を減らしています。とはいえ、アメリカの為替政策こそが、為替相場を動かす最大の要因となっています

 

アメリカドルの変動要因

米ドルは取引高がいちばん多い通貨ということで、米国の経済指標は他国の指標よりも注目されています。中でもISM製造業景況指数、非農業部門雇用者数、貿易収支、GDPはとくに注目度が高くなっています。当然、これらの指標がよければ、ドル買い、悪ければドル売りが優勢となります。そして最後に金利動向です。米国中央銀行のFRBは、米国経済や物価動向を安定させるために、政策金利の調整を行ないます。

米国の金利は毎月開催されるFOMCで決められますが、一般的に「利上げ」はドル買い、「利下げ」はドル売り要因。2004年から2005年にかけて進んだ米ドル高は、米国の金利水準が上昇し、日本との金利差が拡大したことが背景といわれています




キーワード