BOデータバンク

週末の土曜日や日曜日取引が可能な海外バイナリー業者比較


バイナリーオプションはFXと同じく市場が動いていない土曜日や日曜日などの週末は取引することができない業者がほとんどです。

ただ、土曜日や日曜日の仕事のお休みの時にゆっくり分析してバイナリーオプション取引をしたい!という方もいるのではないでしょうか?
ある程度制限はありますが、週末取引ができるバイナリーオプション業者があるのも海外バイナリーならでのメリットの1つ。週末取引が可能なバイナリーオプションを比較してみしょう。

 

ビットコイン市場は週末である土曜日や日曜日でも稼働

外国為替市場は株式、商品市場は週末はお休みですが、唯一ビットコイン市場だけは週末でも稼働しています。
よってビットコインの通貨ペアの扱いのあるバイナリーオプション業者は週末でも取引可能なのです。

 

ビットコインの通貨ペアの取引ができる海外バイナリー業者

業者名 通貨ペア 詳細
オプションビット bitcoin/USD 詳細
ファイブスターオプション bitcoin/CNY 詳細
ビットコン取引が可能なバイナリーオプション業者は僅かでオプションビット、ファイブスターオプションの2社という状況でした。
スマートオプションもファイブスターオプションと同じSpotOptionのプラットフォームを利用しているので要望が高ければ今後取引できるようになる可能性もあります。
ただ、ファイブスターオプションはbitcoin/CNY(人民元)という変わった通貨ペアだったので、メジャーなbitcoin/USDの扱いのあるオプションビットのほうが1枚上手と言えるかもしれません。
どちらも短期取引には対応しておらず通常のバイナリーオプションのみの取扱となります。

 

一部業者は長期バイナリーオプションの週末取引が可能

一部の業者は週末での長期のバイナリーオプションの取引が可能です。相場が動いていないため、チャートの表示がないなど制限がある場合もありますが、週末にじっくり分析をして注文をすることは可能です。

長期バイナリーオプション週末取引可能な業者

業者名 取扱種類 詳細
オプションビット 通貨/指数/商品 詳細
ファイブスターオプション 通貨 詳細
調査時点(2017年5月)で週末に長期バイナリーの取引が可能であったのはオプションビットとスマートオプションの2社でしたが、取引可能な銘柄数に明らかな差があり、オプションビットの取扱数が圧倒的に多かったです。
比較結果から、週末にバイナリーオプションの取引をするのであれば、デジタルオプションもでき、長期の取引可能銘柄の多かったオプションビットがおすすめです。




キーワード