同値(ドロー)負けなしのバイナリー業者

バイナリーオプションを行う場合、エントリーのタイミングの金額と判定時の金額が全く同一(同値とかアット・ザ・マネーという)で引き分け(ドロー)となった場合、業者によって負けになるところと、払い戻しになる業者が存在します

 

同値で負けたらすごい悔しいじゃん!
短期取引になればなるほど、同値負けの確率が上がっちゃうんだよね

 

特に短期取引になると余計に同値になる確率があがるため、勝率に影響します。
そこで、ここでは同値負け無しのバイナリーオプション業者を紹介します。

同値(ドロー)で払い戻しのバイナリー業者

 

会社名備考詳細
ブビンガ
ブビンガ
詳細
theoption
theoption
短期取引は同値負け詳細
fivestarsmarkets
fivestarsmarkets
時間帯によって短期取引ない場合あり詳細
BI-Wining
BI-Winning
時間帯によって短期取引ない場合あり詳細

 

ファイブスターズマーケッツは2023/11/15〜2023/11/30の夜間は同値負け無しかつ通常ペイアウトの1.2倍!

スーパープレミアムタイム

 

ファイブスターズマーケッツは2023年11月で10周年を迎えます。それを記念して、11/15〜11/30までは15:00〜深夜1:00の間、主要通貨のペイアウトが1.2倍になります。

しかも、同値負け無しなのでこの期間は最強です。

 

 

\ 登録なしでデモ取引可能 /

ファイブスターズマーケッツ(公式) デモ取引・口座開設はこちら

 

 

ブビンガ・ファイブフター・BI-Winningは全時間取引で同値負けなし

ブビンガ・ファイブスターズマーケッツ・BI-Winningの3社はいずれも全取引同値負けなしのルールになっています。

ただし、ファイブスターズマーケッツ・BI-Winningの2社は日本時間の午前中など、流動性の薄い時間帯は短期取引自体がない場合があるので注意が必要です。

夕方以降の取引しかしない場合、ペイアウト率が高めのBI-Winningやファイブスターズマーケッツのメリットが生きてきます。

この3社でペイアウト率や取引可能な時間帯・取引ツールの機能などを総合して比較すると、ブビンガが一番条件がいいかもしれません。

 

\ 簡単な登録(本人確認不要)で全機能デモ取引可能 /

ブビンガ(公式) デモ取引・口座開設はこちら

 

 

ザオプションは通常ハイロー取引のみだがペイアウト率が高い

ザオプションは短期取引に関しては同値負け判定になり、15分以上の通常ハイロー取引では同値負け無しの判定になります。

ただし、他社に比べペイアウト率が高い傾向があるので、15分以上のハイロー取引を行う場合であれば、theoptionが有利になってきます。

 

\ 登録なしでデモ取引可能 /

ザ オプション(公式) デモ取引・口座開設はこちら

 

 

まとめ

同値(ドロー)負けなしのバイナリー業者の特徴は各社一長一短あるため、ここが絶対オススメ!というのが難しいのですが、負ける確率が下がるため、ペイアウト率が若干低くても結果的に儲けに繋がる可能性があります。

ご自分の取引時間・スタイルに合わせてこれらの会社の口座を持っておくのも良いかもしれません。

 

BO Databank【公式】

バイナリーオプションで利益を上げるにはより「勝ちやすい」海外バイナリーオプションで口座を作るべきです   なんでわざわざ…

Ads
最新情報をチェックしよう!

海外BO比較の最新記事8件

error: Content is protected !!