BOデータバンク

ファイブスターズマーケッツで売買シグナルツール「オートチャーティスト」提供開始


ファイブスターズマーケッツは2018年9月よりテクニカル分析に基づくバイナリーオプションシグナルツールである「オートチャーティスト」の提供を開始しました。

オートチャーティストとは

オートチャーティストとは、オートチャーティスト社が提供するチャートパターン自動検出ツールで、チャートパターン・フィボナッチパターン・キーレベルを自動で検出し取引チャンスを教えてくれる取引支援ツールです。
FXの世界では割と有名なツールで外資系のFX会社等でもサービスが提供されているところがあります。
同じようなシグナルツールとしてはオプションビットの「アルゴビット」がありますが、アルゴビットよりはオートチャーティストのほうが世界的に知名度もあるテクニカルツールと言えます。
このオートチャーティストをバイナリーオプションに最適化した機能がファイブスターマーケッツで無料で利用することができます。

オートチャーティストとは

オートチャーティストは、システムが自動的にチャートパターンを分析し、売買の方向を予測するシグナルです。
例えば、テクニカル上のサポートライン(下値支持線)にぶつかり、リバウンドする可能性が高いのでコール(上方向)を狙う。もしくは、レジスタンスライン(上値抵抗線)をブレイクする可能性が高いのでコール(上方向)を狙う。このような戦略が一目で理解できるようになっているツールがオートチャーティストです。

オートチャーティストのシグナル画面

オートチャーティストはファイブスターズマーケッツの取引画面よりグラフのアイコンを押すと起動され、現在発生しているシグナルが一覧表示されます。
シグナルは上に行くほど新しいシグナルとなっており、上の画面のように新しいシグナルが発生すると黄色でフラッシュします。

そのシグナルをクリックすると、もう少し詳しくチャートが分析された結果が表示されます。
例えば、上の図はUSDJPYの「リバウンド」のシグナルで、当座のチャートの動きから分析した結果、111.0290をがテクニカル上のサポートライン(下値支持線)となり、反発するだろうと予測されています。
また、反発は111.0805のあたりまで反発するのではないかとの結果になっています。

銘柄の下に表示される時間(2-10分等)はホールド期間となり、ターゲット価格到達までの目安時間となります。

シグナルは実際どうなったかを検証

このオートチャーティストの実力はどれくらいのものなの気になると思います。ではシグナルが出た後、実際どう値が動いたか検証していこうと思います。

上の図が上記USDJPYのリバウンドシグナルが出た直後のチャートです。
オートチャーティストの分析チャートと同じ111.0570の価格になっていることがわかります。

上の図が、10分経過後のチャートです。
一旦111.057から予想に反して価格は下がりますが、をがテクニカル上のサポートライン(下値支持線)である111.0290を割ることはなく反発をしていきます。
結果的に10分後、上値の目標である111.0805までは上昇しないまでも当初の価格よりは上がってコール(ハイ)成功という結果になりました。

検証結果

「オートチャーティスト」はもともと世界的に有名なテクニカルツールでもあり、過去のチャートパターンとフィナボッチなどのテクニカルを使って、サポートライン(下値支持線)、レジスタンスライン(上値抵抗線)を割り出し、そのラインでをブレイクするかどうかでチャートの動きを予想するという王道のテクニカル分析ですので、ある程度信憑性があるツールだと言えると思います。

ただ、このシグナルだけで勝率100%とはいかないので他のテクニカル分析などを組み合わせて勝率をあげるのがよいと思います。

いずれにせよ、口座開設すれば無料でツールが利用でき、この結果を利用してファイブスターマーケッツはもちろん他のバイナリー口座でも活用できるのでとりあえずファイブスターマーケッツの口座開設するのもアリだと思います。

おすすめバイナリー会社

ファイブスターズマーケッツ

BOFXが取引できるバイナリーオプション業者。当日出金も可能で安心して取引できる上に、月間投資額に対して最大2%のキャッシュバックなど、サービスが充実しており人気急上昇中の海外バイナリー業者。

公式サイトへ行く




キーワード