海外バイナリーオプション | バイオプデータバンク

イーサリアムバイナリーオプション比較


icon-refresh2021/07/06

仮想通貨といえば「ビットコイン」のイメージが強いですが、時価総額2番目に位置するイーサリアムはビットコインにない機能を持ち、ブロックチェーンのある意味デファクト的なポジションをもち、大型アップデートによる機能性の向上も予定されているなど、いわゆる「伸びしろ」が多い通貨で将来はイーサリアムが主役になる可能性だって十分ありうる素質を持っています。
ビットコインでなく、イーサリアムを投資のメインにする人も多く存在するため、イーサリアムのバイナリオプションにも注目が必然的に集まってきています。
 

アルトコインの代表イーサリアム


 
イーサリアムは2015年にリリースされた仮想通貨ですが、時価総額が2位に位置する仮想通貨です。
ビットコイン以外の仮想通貨を「アルトコイン」と呼びますが、そのアルトコインのリーダー的存在がイーサリアムです。ビットコインにない「スマートコントラクト」というブロックチェーン上で契約を自動的に実行する仕組みを持つのが特徴で、イーサリアムネットワークの上で新しい使い方が次々と開発されており、お金の貸し借りを行い「Defi」などもイーサリアムネットワーク上で実現されていることもあり、将来的には100万円になるかもともいわれるほど可能性がどんどん広がっている仮想通貨として注目を集めています。
 
イーサリアムはビットコインの価格と相関性が高いのも特徴で、ビットコインとイーサリアムのチャートが異なる場合、最終的には同じ形に近づくこともあり、これを利用した投資法も編み出されるのも特徴です。
イーサリアムはアルトコインの代表的存在でもあるため、ビットコインに次いでバイナリーオプションで取引できる業者が多いのも特徴の1つです。

 

イーサリアムバイナリーオプション比較


 
イーサリアムのバイナリーオプションに特化して、各バイナリーオプション取引業者のスペックの比較を行います

 

利用可能取引比較

各社で取引できるバイナリーオプションを比較すると以下の通りです。
 

会社名通貨
Highlow.comハイロー取引/スプレッド取引
theoption
取引不可
ファイブスターズマーケッツ
ハイロー取引/WowFX
SPECTRE.AIハイロー取引
ゼン・トレーダーハイロー取引

 
イーサリアムバイナリーオプションはtheoptionでは取引することができません。その他の業者は取引可能です。
ハイロードットコム(ハイローオーストラリア)はビットコインに次いでイーサリアムもスプレッド取引と通常のハイロー取引のどちらも取引可能になりました。ファイブスターズマーケッツは、通常のハイロー取引に加え、満期時間がかなり長くFXのように途中売却で利鞘を稼ぐような「WowFX」でもビットコインの取引が可能です。

 

 取引時間比較

会社名取引時間
Highlow.com30秒/1分/3分/5分/15分/1時間/1日(23時間)
ファイブスターズマーケッツ
5/10/15/30分
SPECTRE.AI5秒から自由に設定可能
ゼン・トレーダー5分/15分/30分/60分/2時間/4時間/1日
 
ハイローの30秒/1分/3分/5分取引(ターボ)・Zentraderの30秒~5分取引、 Spectre.aiの取引は購入した時点で取引スタートする「オンデマンド取引」、それ以外は開始時間と終了時間が設定されている取引になります。
ハイローとZentraderは30秒から取引が可能です。また、Spectre.aiはなんと、1秒から設定可能です。

 

 ペイアウト比較(通常ハイロー取引)

一番重要なのはペイアウト率になってきます。そこで、各社とも提供している通常のハイロー取引でのペイアウトを比較します。
 

会社名ペイアウト備考
Highlow.com1.85〜1.95倍 取引時間によってペイアウトが変わる
ファイブスターズマーケッツ
1.6〜1.8倍日中と夜間でペイアウトがかなり変動
SPECTRE.AI1.8〜1.9倍
ゼン・トレーダー1.6〜1.85日中と夜間でペイアウトがかなり変動
 
イーサリアムは取引する時間帯によって流動性がかわるため、結構大きな幅でペイアウト率が変わる性質があります。
その中でもハイロードットコム(ハイローオーストラリア)はどの時間でも安定したペイアウト率が提示されており、しかも他社に比べても最高水準のペイアウトを提示しています。
 

 土日取引比較

イーサリアムはビットコインと同じく特定の国の市場で取引されるものでないため、土日でも24時間マーケットは稼働しています。
そのため、バイナリーオプション業者の中には為替バイナリーオプションは取引できないものの、イーサリアムバイナリーオプション取引が可能な業者も存在します。そのため、土日取引可能な業者を比較してみました。
 

会社名土日取引
Highlow.com不可
ファイブスターズマーケッツ
可能
SPECTRE.AI可能
ゼン・トレーダー可能
 
ファイブスターズマーケッツ・Spectre.ai・ゼントレーダーは土日でもイーサリアム取引が可能です。
 

 まとめ

ハイロードットコム(ハイローオーストラリア)は以前はビットコインが最強でしたが、イーサリアムもターボ・ターボスプレッドに対応されてからペイアウト率・取引時間の種類も他社と比べトップクラスのスペックとなりました。しかしながら、土日対応はできないためビットコインバイナリーオプションと同じで平日はハイロー、休日はファイブスターズマーケッツという組み合わせで使っている人も多いようです。
 
Spectre.ai(スペクター)はペイアウト率も高く、土日取引も可能な業者でもあり、イーサリアムバイナリーオプションするにはスペック的にはおすすめなのですが、取引画面が英語なので、それでも問題ない人にはおすすめできるサービスです。




キーワード