BO Databank

ハイロードットコム(ハイローオーストラリア) vs ザオプション徹底比較


icon-refresh2022/08/15
開設+入金で無条件取引ボーナスゲット!
口座開設+入金だけで、取引に利用できるボーナスを貰えるのでその分は仮に負けてもリスクなしで取引可能!もちろん勝ったペイアウトは引き出し可能なので絶対お得です!

  1. ザ・オプション
  2. 7,000円の取引ボーナス付与 +  【当サイト限定】口座開設後10日以内に10回取引達成すれば追加で5,000円ボーナス付与(達成後、メールかチャットで要申請) 

  3. ハイロードットコム(ハイローオーストラリア)
  4. 5,000円の取引ボーナス付与

どのバイナリーオプションサイトにも紹介されている「Highlow.com」(ハイローオーストラリア)と「theOption」の2社は2大海外バイナリーオプション業社といっても過言じゃない存在です。

実際どちらの業者のどの点が優れているんでしょうか?その謎に迫るべく、8種類の比較軸で徹底比較を実施してみました。

 

ペイアウト比較

やっぱり一番気になるのはペイアウト率だよね!

気になるペイアウト率ですが、7種類の通貨ペアかつ両社取引できる時間帯で徹底比較してみました。

 

ハイロー取引

 

  theOptionの勝ち

 

開始・終了時間が決まっている最もスタンダードなバイナリーオプションである「ハイロー取引」は15分・1時間のいずれもザオプションのほうがペイアウト率が高い結果となりました。

 

ただ、1時間ハイロー取引ではいくつかの通貨ペアはハイロードットコムのほうが高い提示となっています。

 

■ハイロー取引ペイアウト比較表

15分取引1時間取引
通貨ペアハイロードットコム
highlow
theoption
theoption
AUDJPY1.85 1.86 
AUDUSD1.85 1.86 
EURJPY1.85 1.86 
GBPJPY1.85 1.86 
NZDJPY1.85-
USDJPY1.85 1.86 
EURUSD1.85 1.86 
通貨ペアハイロードットコム
highlow
theoption
theoption
AUDJPY 1.9 1.82
AUDUSD1.9 1.91 
EURJPY1.9 1.91 
GBPJPY1.9 1.91 
NZDJPY1.9-
USDJPY 1.9 1.82
EURUSD1.9 1.91 

 

短期取引

 

  引き分け

 

短期取引は両者互角の戦いの様相を呈しています。30秒と3分取引はtheOption有利、1分と5分はHighlow.comが有利という結果になりました。

 

■短期取引ペイアウト比較表

30秒1分3分5分
通貨ペアハイロードットコム
highlow
theoption
theoption
AUDJPY1.95 1.96 
AUDUSD1.95 1.96 
EURJPY1.95 1.96 
GBPJPY 1.95 1.9
NZDJPY1.95-
USDJPY22
EURUSD1.95 1.96 
通貨ペアハイロードットコム
highlow
theoption
theoption
AUDJPY 1.9 1.82
AUDUSD1.91.9
EURJPY1.91.9
GBPJPY 1.9 1.82
NZDJPY1.9-
USDJPY1.95 1.96 
EURUSD1.91.9
通貨ペアハイロードットコム
highlow
theoption
theoption
AUDJPY1.9 1.91 
AUDUSD1.9 1.91 
EURJPY1.9 1.91 
GBPJPY 1.9 1.81
NZDJPY1.9-
USDJPY1.9 1.91 
EURUSD1.9 1.91 
通貨ペアハイロードットコム
highlow
theoption
theoption
AUDJPY 1.85 1.81
AUDUSD 1.85 1.91.81
EURJPY 1.85 1.81
GBPJPY 1.85 1.81
NZDJPY 1.85 -
USDJPY 1.85 1.81
EURUSD 1.85 1.81

 

スプレッド取引

 

   Highlow.comの勝ち

 

スプレッド取引はHighlow.comのほうが概ね互角かよりペイアウトが高いという結果となりました。

 

■スプレッド取引ペイアウト比較表

30秒1分3分5分
通貨ペアハイロードットコム
highlow
theoption
theoption
AUDJPY 2.3 2
AUDUSD 2.3 2
EURJPY 2.3 2
GBPJPY 2.3 2
NZDJPY 2.3 -
USDJPY 2.3 2.05
EURUSD 2.3 2
通貨ペアハイロードットコム
highlow
theoption
theoption
AUDJPY2.22.2
AUDUSD2.2 2.3 
EURJPY 2.2 2.1
GBPJPY 2.2 2
NZDJPY2.2-
USDJPY2.22.2
EURUSD2.22.2
通貨ペアハイロードットコム
highlow
theoption
theoption
AUDJPY 2.05 2
AUDUSD 2.05 2
EURJPY 2.05 2
GBPJPY 2.05 2
NZDJPY 2.05 -
USDJPY 2.05 2
EURUSD 2.05 2
通貨ペアハイロードットコム
highlow
theoption
theoption
AUDJPY22
AUDUSD22
EURJPY22
GBPJPY22
NZDJPY2-
USDJPY22
EURUSD22

 

負けにくさ比較

ペイアウトは重要なんだけど、負けの判定方法やスプレッド幅の大きさは負けに直結する要素なので、こちらも重要だよ。

 

 

スプレッド幅比較(短期)

 

  Highlow.comの勝ち

 

スプレッド取引の場合「スプレッド幅」以上の値動きがないと負けになります。
よってスプレッド幅が大きいほど負ける確率が高かくなることを意味します。

30秒取引はtheoptioが全面的にスプレッドが狭かったですが、その他時間帯はHighlow.comのスプレッドが狭い結果となりました。

 

スプレッド取引を重視するならペイアウトが高くてスプレッドの狭いHighLow.comのほうが断然おすすめだね!

 

■短期取引スプレッド幅比較表

30秒1分2分3分
通貨ペアハイロードットコム
highlow
theoption
theoption
AUDJPY0.3 0.2 
AUDUSD0.2 0.1 
EURJPY0.4 0.2 
GBPJPY0.5 0.3 
NZDJPY0.3-
USDJPY0.3 0.2 
EURUSD0.2 0.1 
通貨ペアハイロードットコム
highlow
theoption
theoption
AUDJPY 0.4 0.6
AUDUSD 0.2 0.4
EURJPY0.50.5
GBPJPY0.7 0.5 
NZDJPY0.4-
USDJPY 0.4 0.6
EURUSD 0.3 0.4
通貨ペアハイロードットコム
highlow
theoption
theoption
AUDJPY 0.4 0.5
AUDUSD 0.3 0.4
EURJPY 0.4 0.6
GBPJPY0.90.8
NZDJPY0.3-
USDJPY 0.3 0.5
EURUSD 0.3 0.4
通貨ペアハイロードットコム
highlow
theoption
theoption
AUDJPY 0.5 0.9
AUDUSD 0.4 0.5
EURJPY 0.6 0.9
GBPJPY 0.8 1.3
NZDJPY 0.5 -
USDJPY 0.5 0.7
EURUSD 0.3 0.6

 

終了時判定方法比較

 

  theOptionの勝ち

 

開始時と判定時の値段が全く同じ場合ってどうなるんだっけ??

開始時と判定時の値段が全く同じ場合(アット・ザ・マネーという)業者によって、負け判定になるか引き分け払い戻しになるかの対応が違います。

theOptionは通常ハイロー取引の場合、同値終了(アット・ザ・マネー)時は引き分け払い戻しで負けになりません。

 

■アット・ザ・マネー時の判定方法

取引ハイロードットコム
highlow
theoption
theoption
ハイロー取引負け 払い戻し 
短期取引負け負け

ハイローオプションの場合は、ペイアウトが高くて同値負け判定なしのtheOptionが断然おすすめだよ!

 

取引銘柄数比較

 

  引き分け

 

Highlow.comのハイローオプションは、FX・商品先物・仮想通貨のほかに、theOptionでは扱いがない指数オプションがラインナップされているので、取扱数がその分多くなっています。

 

逆に短期オプションになると、Highlow.comからも指数オプションが無くなり、結果的にtheOptionのほうが取扱数が多くなります。

 

■取引可能銘柄数比較表

取引ハイロードットコム
highlow
theoption
theoption
ハイロー取引 32 18
短期取引11 16 

 

仮想通貨(暗号資産)銘柄

 

 

  Highlowの勝ち

 

仮想通貨(暗号資産)に関してtheOptionは23時間オプション1つしか取扱がなく、正直やっていないに等しい状況です。

 

Highlow.comはビットコインとイーサリアムのみですが、他の通貨と同じく短期・短期スプレッドバイナリーオプションを提供しており、ペイアウト率も悪くない状況です。

 

■取引可能仮想通貨数比較表

取引ハイロードットコム
highlow
theoption
theoption
ハイロー取引 4 1(1日のみ)
短期取引 4 

 

約定力比較

 

  theOptionの勝ち(参考)

約定力は客観的な数値で計測できるものでないため、感覚値でしかないため参考にしかなりませんが、theOptionのほうが約定しない状況になるケースが少ないイメージです。

 

世間の評判も概ね theOptionのほうが約定力が高いという評判なのでズレはないかな、というところでtheOptionの勝ちとしています。

 

キャッシュバック制度比較

 

口座開設ボーナス

 

■口座開設ボーナス比較表

  theOptionの勝ち

 

2社とも口座開設時のボーナス制度を用意しており、口座開設+入金の条件だけでボーナスがもらえるので条件は非常に低いのが特徴です。

 

この中でもtheOptionがハイロードットコムより2千円多いボーナスをもらうことができます。

ただし、このボーナスは取引に使う専用ボーナスで、取引なしで引き出すことはできません。

取引ハイロードットコム
highlow
theoption
theoption
ボーナス付与額5,000円 7,000円 
付与条件開設+入金開設+入金

 

ポイントプログラムボーナス

 

  theOptionの勝ち

 

theOptionもHighlow.comも1ヶ月の取引に応じてポイントが付与され、結果キャッシュバックされるポイントプログラムが用意されています。

 

Highlow.comは最低1ヶ月100万円の取引がないとポイントキャッシュバックがないのですが、theOptionはその半分の50万円取引からキャッシュバックの対象となる分敷居が低い制度になっています。

 

■ポイントプログラム比較表

取引ハイロードットコム
highlow
theoption
theoption
ボーナス対象最低取引額100万円 50万円 

 

取引プラットフォーム比較

 

  theOptionの勝ち

 

Highlow.comはチャート機能が弱くMT4やTradingviewなどのチャートツールが必須です。

 

その点、theOptionはローソク足こそ出せないものの、3種類のテクニカルインジケータを表示することができ、最低限のテクニカル分析は行えるのが特徴です。

 

■取引プラットフォーム機能比較表

機能ハイロードットコム
highlow
theoption
theoption
チャートの種類エリア ライン・エリア 
チャートの時間足選択不可不可
インジケーター0 3 
ワンクリック注文可能可能
転売可能可能

 

theOptionの取引プラットフォーム

 

 

theOptionの取引プラットフォームは単純移動平均線(SMA)・ボリンジャーバンド・相対力指数(RSI)のテクニカルインジケータが表示できます。

 

相対力指数(RSI)が70を超えている、ボリンジャーバンドの上部を抜けているという点からもうすぐ上昇基調の価格は一旦山場を迎えそうであることがわかります。

 

Highlow.com取引プラットフォーム

 

Highlow.comの取引プラットフォームはチャートの描画は滑らかなのですが、テクニカル分析できないため、この先価格が上昇傾向なのか、下降傾向なのかわかりずらく、別のチャートツールが必須になります。

 

入出金比較

 

  theOptionの勝ち

 

入出金は両社ハイレベルの戦いで不満要素は見当たりません。その中でも、theOptionのほうが最低出金額が低いことと、bitwalletに対応しているのでtheOptionの勝ちとしました。

 

直接のクレジット入金はクレジット会社によって制限され入金がうまくいかないケースもあります。その点、bitwallet経由にすると制限されることなく入金できる可能性が上がります。

 

■入出金比較表

機能ハイロードットコム
highlow
theoption
theoption
最低入金額5,000円(クレジット・ビットコイン)
10,000円(銀行振込)
5,000円(ビットウォレット・クレジット)
10,000円(銀行振込)
最低出金額10,000円 5,000円(利益分3,000円) 
出金手数料無料無料
入金手段クレジット・銀行振込・ビットコイン クレジット・銀行振込・ビットコイン・ビットウォレット 
出金手段銀行振込 銀行振込・ビットウォレット 

 

総括

  7勝3敗2引き分けでtheOptionの勝ち

 

8つの観点で徹底比較を行なった結果、以外にも(?)theOptionが健闘しているという結論になりました。

これは2022年の「パワーアップ」によるところが大きいと考えています。

 

Highlow.comが向いている人

 

スプレッド取引・仮想通貨(暗号資産)はHighlow.comが大きく勝っています。

 

このためスプレッド取引重視・仮想通貨(暗号資産)バイナリーオプション重視の人はHighlow.comがおすすめです。

 

また、Highlow.comのほうが1日を通してペイアウト率が安定している傾向があります。流動性の低い時間帯の取引を好む方はHighlow.comのほうがおすすめです。

 

 

theOptionが向いている人

約定力が高いことも含めて、スプレッド取引でない短期取引をメインとする人、通常のハイロー取引をメインとする人はtheOptionがおすすめです。

 

また、口座開設ボーナスが多かったり、最低出金額の敷居が低いという特徴もあるので これからバイナリーオプションを始める人にもおすすめです。

 




キーワード


error: Content is protected !!