海外バイナリーオプション | バイオプデータバンク

エムトランザクション(Mtransactional)の特徴・評判・口座開設方法


icon-refresh2021/11/18

エムトランザクション(Mtransactional)とは

 
エムトランザクションとは、2021年9月に誕生したバイナリーオプション業者で、かなり新しい業者になります。
ただ、実はこのエムトランザクションの前身は「トレード200(TRADE200)」というバイナリーオプションサービスになるので、日本での運営実績はそこそこ長いといえます。
このエムトランザクション(Mtransactional)というバイナリーオプションは短期取引をより強化していると言えるのかもしれません。

 

エムトランザクション(Mtransactional)の取引概要

最大ペイアウト2.00倍
最低入金額
最低出金額10,000円
最低投資単位200円
入出金手段国内銀行/クレジット/Visaデビット
対応取引時間60秒、2分、3分、4分、5分、10分
取引可能資産為替
デモ口座なし
取引ツールWEB

 

エムトランザクション(Mtransactional)が選ばれる理由

  • 出金速度が速い
  • ペイアウト率が高い
  • スプレッドが狭い
  • 200円から投資可能

入出金が早くて安心

エムトランザクションは入出金が速いというのがウリです。
最近の海外バイナリーオプション業者は軒並み入出金速度が速いというのが普通ではあるのですが、それらと比較しても速いというのが特徴です。
入金手段はクレジットカードやVプリカもありますが、国内金融機関での振込入金も可能です。決済代行サービス「PoCoins」経由での入金になりますが、PoCoins への登録は不要で、指定された振込先に銀行振込を行うだけでご入金できます。
銀行の営業時間内(平日~15時まで)の振り込みは当日中に入金処理が完了します。
 
出金は「銀行出金」や最短1時間で出金が可能な「iWallet出金」から選べます。銀行出金でも出金申請から概ね翌営業日には着金、「iWallet」というデジタルウォレット(決済業者)への出金は最短1時間での出金が可能です。

 

ペイアウト率も高い


 
エムトランザクションはUSDJPYの通貨ペアは特に高いペイアウト率を提示しています。
特徴的なのはどの取引時間でも同じペイアウト率であることです。
 

ハイローとのペイアウト比較(USDJPY)

取引エムトランザクションHighlow.com
ハイロー取引1.90倍(10分)1.85倍(15分)
短期取引1.90倍1.95倍(1分)

1.90倍(3分)
スプレッド取引2.00倍2.2倍(1分)

2.05倍(3分)

 
ペイアウト率が高いで有名なハイロードットコム(ハイローオーストラリア)と比較しても通常のハイロー取引は互角かそれ以上のペイアウト率、短期取引もいい勝負です。
スプレッド取引は一見ハイローのほうが高くみえますが、スプレッドの幅はエムトランザクションの方が狭いためエムトランザクションのほうが勝ちやすいです。
 

ハイローとのペイアウト比較(EURJPY)

取引エムトランザクションHighlow.com
ハイロー取引1.90倍(10分)1.85倍(15分)
短期取引1.74倍1.95倍(1分)

1.90倍(3分)
スプレッド取引2.00倍2.2倍(1分)

2.05倍(3分)

 
EURJPYでのペイアウトは短期取引では低い水準ですので、USDJPYをメインで取引するのが向いていると思います。

 

スプレッドが狭い

エムトランザクションの最大の魅力はスプレッドが狭いことじゃないかなと思います。
 
スプレッド取引は「上」か「下」かの予想が当たっても、「スプレッド」と呼ばれる値幅以上の動きがない場合は負けてしまう取引で、通常のバイナリーオプションより勝つ確率が下がるものの2倍以上のペイアウトが期待できる、よりハイリスクハイリターンな投資になります。

 
スプレッドの幅が狭ければ狭いほど少ない値動きで勝てる可能性が上がるため難易度が下がります。
 

 
エムトランザクションのスプレッド取引は「RETUEN200」と呼ばれる取引でスプレッド幅は±0.003になっており、他社より1桁小さいのです。
 

 
これに対してHighlow.comは「スプレッド取引」という名前で提供されており、最大2.3倍のペイアウトが期待できますが、±0.02という水準。
 

 
theOptionも「スプレッド取引」という名前で±0.03のスプレッドになっています。こちらのペイアウト率はエムトランザクションと同じの2.0倍です。

エムトランザクション(Mtransactional)口座開設方法

エムトランザクション(Mtransactional)の公式ページ https://m-transactional.com/jp にアクセスし「無料登録はこちら」をクリックします。
 

メールアドレスの登録・確認

口座開設ボタンを押すとまずメールアドレス入力があります。こちらでメールアドレスを入力し、利用規約とプライバシーポリシーの確認・チェックを行い「確認」のボタンを押します。
 

パスワードの入力


 
パスワードの入力が完了すると、口座解説が完了してしまったのですが、本来は氏名の入力が出てくるはずです。
もし氏名の入力なく口座開設が完了した場合、サポートまで確認するのをおすすめします。
 

出金情報の入力

次に出金のための情報を入力します。
 

 
出金情報は取引画面の「お客様情報」から入力します。

 
出金情報は日本語で入力OKです。金融機関は選択ボックスで表示されますので、ご利用の金融機関を選択します。また、指定した金融機関の支店に関しての住所・電話番号も入力してください、
 

本人確認

本人確認は初回出金申請時に発生します。
 

 
出金申請時に本人確認のメールが届きます。
「免許証」・「健康保険証」・「パスポート」・「住民票の写し」のいずれかを写真で指定されたメールアドレスまで送ります。
また、クレジットカード・デビットカードで入金した場合は利用されたカードの写真を送ります。
 
本人確認書類の確認が完了すれば、速やかに出金対応が実施されます。
 

エムトランザクション(Mtransactional)の評価

 

エムトランザクション(Mtransactional)
  • ペイアウト
  • 手数料
  • 取引ツール
  • 取引種類
  • 入出金
3.4

スプレッドの狭さNo.1

ゼン・トレーダー(Zentrader)は2019に日本市場に参入してきた最新のバイナリーオプション業者で注目が集まっています。国内銀行送金対応かつ高水準のペイアウトを提示しており、今後より注目が集まることが想定されています。

Sending
User Review
4 (1 vote)



キーワード