海外バイナリーオプション | バイオプデータバンク

日経225先物をバイナリーオプションで投資する


2019/11/07

海外のバイナリーオプションは通貨だけだはなく、商品や指数、世界の株式など様々な取引が可能という魅力があります。その中でも今回は「日経225先物」をバイナリーオプション取引することを紹介します。
日経225とははご存知の通り東証一部上場企業から代表的な225社の株価をピックアップし、平均指数化したものです。ニュースで「日経平均」というのも「日経225」のことを意味しています。

日経225は国内投資家が有利

当たり前の話かもしれませんが、日経225の投資は外国人投資家よりも日本人投資家のほうが有利な状況にあります。
理由はリアルタイムに情報が入手できるからです。やはり、情報はないよりあるほうが有利に投資ができるものです。親しみやすく、情報が多い日経225は投資しやすい銘柄と言えます。
また、日本の株式市場はよく動く時間帯や、傾向などがわりとはっきりしています。例えば、前日のアメリカの市場の影響を受けやすい傾向にあります。

なので、前日アメリカ市場が上昇して引けた場合日経225は「買い」、逆に前日下落して引けた場合「売り」という作戦も立てやすいのです。

 

日経225先物取引でなくバイナリーが優れているところ

では、日経225先物取引をすればいいじゃないの?という話になりますが、バイナリーオプションの場合、日経225先物よりもメリットのある点があります。
それは、1回の投資資金が日経225先物に比べ、かなり安くできる点です。
例えばハイローオーストラリアの場合、最低1,000円から投資が開始できますが、日経225miniでも10万円程度の資金が必要となってきます。
なので、「お試し」で投資するにはバイナリーオプションが向いていると言えます。

 

日経225はハイローで投資可能

以前は複数のバイナリーオプション業者で日経225の扱いがありましたが、現状では取り扱い業者が限られており、その中でもハイローは指数取引が充実している業者となっています。

ハイローでは日経225のほかにもNYダウ(US30)やナスダック100(NAS100)、S&P500、イギリスのFTSE 100 (UK100)、フランスのFRA40、ドイツのGER30、香港のHKG33や中国のCHN50など、凡そ世界の主要指数をカバーしていますので株式指数のバイナリーオプションに興味がある人はハイローはぜひ口座を開いておきたい業者と言えます。
なお、日経225をはじめ株式指数は為替と違い、決まった時間でしか取引ができません。、日経225は9:00~11:30、12:30~15:00の間で投資が可能になっています。

 

出来高を伴う動きに乗る!

株式投資では当たり前のことなのですが、日経225は出来高があります。
出来高が急に増えている時に動いているチャートの方向に乗ると順張りしやすい傾向にあります。

株式市場が動きやすい始まりの9時や、終わる直前の15時などを狙ったトレードも面白いと思います。

ハイロー

ハイローオーストラリアは日本円で入出金ができる海外バイナリー業者で出金の速さで信頼を勝ち得ている文句なしのNo.1 業社です。ペイアウト2倍の「スプレッド」取引も人気が高く海外バイナリーを始める人なら間違いない業者と言えます。
  公式サイトへ行く




キーワード