海外バイナリーオプション | バイオプデータバンク

バイナリーオプション両建て戦略


「両建て」という言葉に関してあまりよいイメージを持っていない人もFXトレーダーには多いと思います。実際FXでは両建てはあまり良くないこととして原則禁止されていたり、少なくとも推奨していない業者がほとんどなのです。しかし、バイナリーオプションでは環境が違い、両建てを認めている業者も存在します。しかも戦略として両建て戦略はプロでも用いる立派な戦略なのです。
 

ハイローとtheoption、BITODDSは明示的に両建てを容認

 
本サイトで紹介しているバイナリーオプション提供企業の中ではHiglow.comとtheoption、BITODDSは明示的に両建てを容認しています。
 
■HighLow.com
Highlow.com
 
■theoption

 
■BITODDS

 

両建ての「売り」と「買い」の価格をズラして利益倍増を狙う

両建てをするときに「売り」と「買い」を同時におこなうのではなく、価格をズラして両建てを行う戦略をご紹介します。
この戦略はボリンジャーバンドなどの指標と併用をすることがおすすめです。
 
このトレードを行うには「自分のタイミングでエントリーできる」ことが必須条件となります。両建ての場合、勝ちと負けが必ず発生するため、ペイアウト率の高い業者の方が有利に取引を進めることができるのでハイローオーストラリアやtheoptionがオススメ業者になります

 

 

上の図のように、+2σにタッチしたため「Down」でエントリーをした後、順調に予想通り推移し、-2σにタッチしそうなところで「UP」をエントリーした場合の売買戦略になります。
両建ての「売り」と「買い」のレンジの状況で上に突き抜けた場合(①のパターン)および下に突き抜けた(③のパターン)場合、1勝1敗となり、損失を限定することが可能です。(たとえば、ペイアウト1.7倍とした場合、で売りと買い1000円ずつ買った場合、購入代金2000円に対して、1700円のペイアウトになるため300円の損失ですみます)
 
今度は両建ての「売り」と「買い」のレンジの状況でレンジ内で終了した場合(②のパターン)、2勝となり、利益を2倍にすることができます。(たとえば、ペイアウト1.7倍とした場合、で売りと買い1000円ずつ買った場合、購入代金2000円に対して、3400円のペイアウトになるため1400円の利益となり、両建て出なかった場合は700円の利益であるので倍の利益を上げることが可能になります。)
 
2度目のエントリーが1度目の判定時間に近ければ近いほど1度目の負けの確率が下がっているため、損失を限定しつつ利益の上積みを狙うことができる戦略になります。
デモ取引などで慣れてみて、行けそうであれば試してみるのも面白いと思います。
 

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリアは日本円で出金ができる海外バイナリー業者で出金の速さで信頼を勝ち得ている文句なしのNo.1 業社です。ペイアウトも高く非常にオススメです。
theoption(ジ・オプション)
the optionは他社にはない分析ができるデスクトップ専用のアプリを提供している業者です。最低入金額は業界最低クラスの5,000円で2倍のペイアウト取引をすることもできます。国内銀行送金も準備中で要注目です。




キーワード