海外バイナリーオプション | バイオプデータバンク

theoptionの取引プラットフォームがリニューアル


2019/10/12

theoptionでは良い取引環境を提供するため、日々のお客様からの声を参考に、プラットフォームの改良を推進しており、かねてより開発を進めておりました新しいプラットフォームが完成し、リリースされました。

新しいプラットフォームは、「トレーダー目線で考えつくされた最強のプラットフォーム」を謳っており、豊富なインジケーターも追加され、使いやすさの面でもトレーダーの皆様のご要望に応えられるものになっています。
ここでは、新しくリリースされたtheoptionの取引プラットフォームを詳しく紹介します。

 

取引画面

取引画面が大幅にデザインが変更になりました。新旧プラットフォームを見比べてみます。

 

■新プラットフォーム

 

■旧プラットフォーム

 

チャート機能が大幅に機能向上

新プラットフォームになり、チャート画面が大きくなり、飛躍的に見やすくなりました。
旧来のプラットフォームでは、このチャートだけでは心もとなく、別のチャートツールなども併用しないと厳しいところもあったのですが、このチャートだけでもある程度取引できるようになってきました。

 

テクニカルインジケーターを搭載

バイナリーオプションを行う時の定番テクニカルインジケータである「単純移動平均線(SMA)」と「ボリンジャーバンド」の2種類のテクニカルインジケーターを搭載。
売り買いのタイミングがわかりやすくなり、勝率向上に貢献できると思います。

 

ワンククリック注文でタイミングを逃さない!


バイナリーオプションの逆張り戦略の場合など、注文のタイミングがちょっとずれるだけで大きくチャートが動いた後になってしまい後悔してしまうことも多々あるかと思います。
ザオプションの新プラットフォームはワンクリック注文にも対応。「ワンクリック注文」にチェックが付いている場合、「HIGH」か「LOW」のいずれかのボタンを押すだけで発注が完了するのでタイミングを逃しません。

 

直感的に操作可能


投資対象の銘柄の指定やバイナリーオプションの判定時間などの選択もわかりやすく、直感的に行える画面の作りになっています。

実行中の取引の残り時間や状況もわかりやすく表示され、転売も簡単にできます。

 

国内銀行振込入金にも対応

theoptionは従来よりbitwallet経由での国内銀行振込入金に対応していましたが、遂に直接国内銀行への振込入金が開始されました。これでさらに入金の利便度が上がりますね。

 

まとめ

theoptionはキャンペーンが多いこと、ペイアウト率が高いことと、FXCM(Forex Capital Markets)の配信レートそのまま採用しており、判定レートに対して関与することは一切ないことが支持されてきていることが人気の理由になっていますが、取引プラットフォームのリニュアルにより利便性がさらに向上しました。

まだtheoption(ザオプション)の口座を持っていない人はこれを機に口座開設をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

theoption(ザオプション)

theoptionは他社にはない分析ができるデスクトップ専用のアプリを提供している業者です。最低入金額は業界最低クラスの5,000円で2倍のペイアウト取引をすることもできます。国内銀行送金やチャットによるサポートも開始されどんどんサービスが良くなっています。 公式サイトへ行く




キーワード