海外バイナリーオプション | バイオプデータバンク

海外バイナリーオプション業者を安全性・信頼性で比較


2019/08/19

海外バイナリーオプション業者は国内業者と異なり、厳格な日本の基準で運営されているわけではありませんので、安心できる業者かどうかは自分で調べる必要があります。
当サイトで紹介している業者は運営実績が長く、評判の良い業者を厳選して紹介しておりますが、各社の安全性・信頼性に関わる情報を比較・紹介します。

ハイローは運営実績と預かり資産の安全性が特徴

ハイローは 2010年5月10日に設立されたオーストラリア金融サービス業ライセンス(ランセンス番号:第364264番)を持つHighLow Markets Pty Ltd (ACN 143 553 628)が運営していた時代から現在に到るまで日本国内でも継続してサービスを提供してきている国内で最も運営実績が長い海外バイナリーオプション業者です。
利用者も大変多く、登録者数は30万人を超えるまでに至っています。

2019年に日本国内向けのサービスはHLMI Ltd(会社番号:100959)にて提供されるように運営体制の変更がありましたが、変わらず安定したサービスを提供し続けています。
お客様からお預かりする資金は、AAの格付けを有するナショナル・オーストラリア銀行(NAB)にて分別管理されており、安心です。

 

ハイロー公式サイト

 

ザオプションは金融機関ライセンス取得済み

ザオプションはバヌアツ共和国の金融サービス免許(VFSC. 300320)を取得。公式に認められた業者として免許ライセンスを取得しており、同国金融当局からの厳しい審査も受け、顧客保護の観点から客観的にも安全に管理・監督がされています。

さらに、他業者と違いtheoptionは取引に使う配信レートをしっかりと公表しております。
レート操作や約定がずれることがないように、国内の業者も多数採用している「Forex Capital Markets」の配信レートを採用!
悪徳業者によく見受けられるレート操作は一切ありません。

 

theoption公式サイト

 

ファイブスターズマーケッツは出金拒否0件

ファイブスターズマーケッツは2013年にサービスを開始して、すでに6年の運用実績をもつ海外バイナリー業者です。
口座凍結・出金拒否 は0件と公表しており、悪い噂を聞かない業者でもあります。入金額の200%ボーナス等、魅力的に見せて実際は出金困難といったお客様を騙すようなキャンペーンも行なっておらず、良心的なサービスを提供しています。

 

ファイブスターズマーケッツ公式サイト

 




キーワード