2022-2023年末年始のバイナリーオプション営業状況まとめ

激動の2022年ものこすところあと2週間となりました。
そこで、2020年年末から2021年の年始までの各社営業状況をまとめました。
※確認が取れ次第、順次情報を追加・アップデートしていきます。
 

Ads

年末年始のマーケットについて

12/26日・12/27日、12/31日〜1/2は国によりマーケットがクローズとなる関係上、取引そのものができない会社があったり、取引銘柄が制限されるケースがあります
 
また年末年始やクリスマス前後は流動性が低下しますので、相場の急変やスプレッドの拡大、ペイアウト率の変動が起きる可能性がありますので注意しましょう。
暗号通貨(仮想通貨)は休日・年末年始にかかわらず通常通りマーケットが動いているため、通常通りの取引ができるところも多いです。
 

年末年始の金融機関の営業状況に関して

国内の金融機関は基本的に2022年-2023年の年末年始は、『12月31日~1月3日』の期間が土曜・祝日扱いです。
従って、この期間での銀行振込による入出金はできません。出金は1月4日以降順次着金が確認できるようになると思います。

 

2022年末-2023年始の各社営業状況

今年は各社それなりに対応に差が出ている状況です。各社の運営状況をチェックして作戦を立てることをお勧めします。
 

theoption

theoptionはクリスマス休暇の振替である12/26と12/31-1/3までは終日CLOSEになります。
取引CLOSEに伴い入出金・サポートも停止になります。
 

 
theoption 公式サイトはこちら 

ハイロードットコム(ハイローオーストラリア)

ハイロードットコム(ハイローオーストラリア)はクリスマスの振替休日である12/26とその翌日の12/27は全面的にサービスが停止されます。
年明けは1/3日から取引は可能ですが、入出金対応は1/4からということも注意が必要です。
 

 
HighLow 公式サイトはこちら 

ファイブスターマーケッツ

 
ファイブスターズマーケッツはクリスマス休暇というおのがなく、31日から3日まではサポートなどの業務が停止されます。
年末年始は銀行振込でない入金手段はいつでも入金は可能で、暗号通貨を中心に年末年始も休まず取引は可能です。
 

 

ファイブスターズマーケッツ公式サイトはこちら 

ゼン・トレーダー

 
ゼン・トレーダーはクリスマス休暇の振替日である12/26と年末年始(12/31〜1/2)は暗号通貨のみの取引となります。
入出金は通常通り利用可能ですが、銀行振込での入出金に関しては、ご利用の金融機関の営業時間やメンテナンスなどによって、利用できない場合があるので注意が必要です。
年末年始も通常通りのサポートを実施予定ですが、規模を縮小しての営業のため回答に時間がかかる場合があるとのことです。
 

 

ゼン・トレーダー公式サイトはこちら

 

ブビンガ

 
ブビンガは年末年始もクリスマスも関係なくサポート業務は行われるとのことです。(ただし時間が一部短縮する可能性あり)
年末年始でも暗号資産やOTC銘柄の取引は可能で、入金は銀行振込以外の入金手段は年末年始でも即時反映されるため、他社と比べても一番通常に近い状態で運営してくれるようです。
さらに、ブビンガ運営より共有してもらった細かい情報は以下になります。
 
12月30日〜1月1日
ヨーロッパのセッションは、ロンドン、フランクフルトが 16時まで運営するため、おそらく少し早く終了します。ヨーロッパの残りの取引所は通常どおり機能します。そのため、クオートが16時以降になるかどうかは明らかではありませんが、通常通り動作しない可能性があるとのことです。
 
1月2日-
アメリカ、アジアのセッションは閉鎖します。ヨーロッパの 50 / 50 取引所は運営しています。しかし、ボラティリティーが低いために運営しない場合もあります。
 

 

ブビンガ(bubinga)の公式サイト
Ads
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!