海外バイナリーオプション | バイオプデータバンク

Highlow.com(ハイロードットコム)の口コミ評判と口座開設方法


ハイロードットコム(ハイローオーストラリア)とは

 

 
ハイロードットコムは以前、ハイローオーストラリアという名称でサービスを行なっていたバイナリーオプションサービスで、2019年に名称がハイロードットコム(通称:ハイロー)に変わりました。国内のおいてのサービス実績も長く今や海外バイナリーオプションの代表的な存在になりつつある海外バイナリーオプション業者です。

 

Highlow.comの取引概要

最大ペイアウト2.3倍
最低入金額5,000円
最低出金額10,000円
最低投資単位1,000円
入出金手段国内銀行/クレジット/仮想通貨
取引時間30秒・1分・3分・5分・15分・1時間・1日
取引可能資産為替・株価指数・商品指数・仮想通貨
無料デモ取引可能
取引ツールWEB・Androidアプリ
Highlow.com(ハイロードットコム)公式サイト

 

Highlow.comが選ばれる理由

  • 国内入出金対応で出金が国内業者並みに早い
  • ペイアウト率が高い!スプレッド取引では常時2倍のスプレッド
  • 安心の運営体制
  • 本人確認がAIで行われるため口座開設完了が早い

国内業者並の入出金対応

ハイローが支持を受ける最大の理由が入出金対応です。
海外業者の場合入金はクレジッドカード、出金手段は海外送金で時間がかかるケースが多いのが事実です。ハイローの場合その常識を破る入出金手段を提供しています。
 

国内銀行口座からクイック入金対応


ハイローでは国内の証券・FX業者のようなクイック入金サービスを利用して即時に入金することが可能です。
 
国内銀行から普通に振込入金が可能です。この場合、銀行営業日12:00(正午)迄の入金は同日の15:00迄に反映。正午以降の入金は翌銀行営業日に反映されます。もちろんクレジッドカードやビットコインからの入金も可能です。

 

出金もスピード対応


出金も国内業者並の対応が実現されています。ログイン後、マイページの「入金/出金」より「出金」、「銀行出金」とお進み下さい。送金先銀行口座を選択後、出金額を入力し、出金を実行します。正午迄の出金手続は翌営業日に反映され、正午を過ぎると翌々営業日の反映となります。手数料は無料で、最低出金額は¥10,000です。

 

驚異のペイアウト率。Turboスプレッド取引は2.3倍


 
ハイローはどの通貨ペアの取引も各社と比較してもトップクラスのペイアウト率を提示しています。特に「スプレッド」取引ではどの取引もペイアウト率が2倍以上になり、短期取引の「Turboスプレッド」は2.3倍という非常に高倍率のペイアウトを狙うことができます。
 

 
通常のバイナリーオプションは購入した価格から上か下かを判定しますが、スプレッド取引の場合は購入した価格にスプレッドを加味した価格から上か下かを判断します。上の図の場合0.2銭のスプレッドがあるので現時点の価格112.450で「HIGH」を購入した場合112.452より上であれば勝ち、「LOW」を購入した場合112.448より下であれば勝ちとなります。スプレッドエリアである112.452〜112.448の間で終了した場合は負けとなります。
 
ボックス相場の場合負ける可能性が高くなりますが、トレンド相場である場合利益をより追求できる可能性が高まりますのでうまく活用したい取引です。

 

安心の運営

HighLowはーシャル諸島共和国の事業会社法の規定のもと営業しています。
お客様の資金は信頼性の高い金融機関の口座の分別口座に預金されており、倒産や万が一に備え、専門職業賠償責任保険にも加入。顧客資産は保護されているので安心です。

 

口座開設と入金で5,000円キャッシュバック


ハイローでは口座開設後、入金で最初のお取引5,000円分までキャッシュバックを実施しております。取引直後に、お客様の取引口座にキャッシュバックを反映致します。キャッシュバック分を含めて、制限なくいつでも出金可能です。
 
最低入金額が5,000円なので、とりあえず5,000円の入金を行えば、5,000円の取引はリスクフリーで行うことが可能なので、気軽に始めることができるのもポイントです。
 

Highlow.comの取引ツール


Highlow.comは2016年9月に「High Low2.0」として新しい取引プラットフォームの導入を実施しましたが、取引ツールとしての使い勝手はそのままに機能だけ強化された進化を遂げています。一度でも過去ハイローをデモ取引でも使ったことがある人は「High Low2.0」でもほとんど違和感なく使用できることでしょう。

 

取引の第1ステップは取引種類と通貨ペアを選択します。

 

次に取引期限の時点で今より価格が上か、下かを選んで、投資額を入力(1,000円から)し、「今すぐ購入」をクリックするだけです。
 
購入が成功すると購入されたポイントに印がつき、判定時刻のタイミングにゴールの線がつきます。ゴールの線の時点での価格が買った価格より上になるか下になるかを待つだけです。判定時刻の1分前までは「転売」が可能なので、利食い・損切りも可能です。

 

ワンクリック注文


短期のバイナリーオプションは一瞬のタイミングが命取りになることもあります。「買い」「売り」の一瞬のタイミングを逃さないようにハイローの取引ツールはワンクリック注文が用意されています。ワンクリック注文ではあらかじめいくら注文するかを入力しておけば「↑HIGH」「↓LOW」のボタン、もしくはチャート上の矢印マークをクリックするだけで注文が完了します。一瞬のチャンスを逃しません。

 

お気に入り保存


よく使う取引・通貨ペアを「お気に入り」に入れる機能です。取引種類と通貨ペアを選択する画面に星印のアイコンがあるのでそこをクリックするとお気に入りに入れることができ、「お気に入り」タブから選ぶことができます。細かい機能ですが、取引の際には非常に便利です。

 

「転売」でリスクコントロールできる


購入後、判定時刻の1分前までは「転売」が可能なので、利食い・損切りも可能です。「転売」というボタンを押すと転売ウインドウが表示されます。
予想が外れといっても、判定時刻まではゼロになることはなく、判定時間に近づき、予想が当たる確率が減るに比例して購入価格がゼロに近づきます。同じように予想が当たっていたとしても判定時刻に近づくほど当たりの確率は上がるのでペイアウトは徐々に増えてゆきます。
買ったものの、相場が予想に反した動きをして勝てる自信がない場合、予想は当たっているので予定しているペイアウトに達していなくても利益を確定させてい場合は「転売」して損失・利益を確定することができます。
 
転売ウインドウではリアルタイムで現在の価値が表示されており、その価格で確定させたい場合は転売を確定させます。上の図は「LOW」を予測して、予想通りちょっと価格が下がったので早々に利確させようとしている画面です。まだまだ判定時刻までは時間があり、予想が当たる確率は高くないためペイアウト率が低いですがそれでも利益を確定させようとした場面です。

 
購入金額が大きい場合、10%の利益でも満足できる場合があります。「転売」でうまくリスクコントロールして利益の最大化を狙いましょう。

 

Highlow.comの噂と真実

 
Highlow.com(ハイローオーストラリア)に関して、ネット上にいろんな噂が飛び交っています。これらの噂の真実に迫ります
 

レートが操作されている噂の真実

Highlow.comに限らず海外バイナリー業者にありがちな噂ですが、MT4などのチャートツールを使っていてMT4のチャート上では勝っているのにHighlow.comでは負けるケースがあるため、「レートが意図的に操作されている」と言う意見がネット上で見受けられます。
この疑問に関して、Highlow.comのよくある問い合わせページで明確に否定しており、配信レート元の開示もしています。
 

HighLowで表示されているレートの配信元はどうなっていますか?
仮想通貨-Bitfinex社、BitMEX社、外国為替-FXCM社、レバレート社

 

>判定レートはどのように決まるのですか?
判定レートは第三者のFXCMPro(外国為替)とFXCM UK(株価指数)の配信レートがそのまま採用されています。 従って、当社は判定レートの決定に関して一切関与していません。

 
海外バイナリーオプション業者の中にはレートの配信元の開示を行なっていない業者もあり、それらに業者よりはよっぽど透明な運営をしていると言えます。
よくあるパターンとしては、外で使っているチャートツールのレート配信元が違う業者である場合です。当然その場合細かいレートの動きは異なってきます。また、仮に同じレート配信元のチャートと見比べたとしても、それらのレートはHighlow.comのサーバで処理されて提示されます。レート配信されてから画面に表示されるまでは配信元のサーバとは構成や稼動している国や場所が異なるため、どうしても処理や通信のレイテンシ(遅延)が入ります。このような理由から全く同一のレート提示とはなり得ないのです。

 

口座が凍結される噂の真実

口座凍結や出金拒否の噂も海外バイナリー業者によくある噂です。
まず、Highlow.comに於いて普通に取引していて出金拒否に合うケースは考えにくいです。実際出金に関しては問題ないという報告が多数です。
では、なぜ口座凍結や出金拒否の噂が出るのでしょうか?考えられる理由は以下のケースの場合です
 

ツールを利用したりして不自然な取引結果が残っている

Highlow.comをはじめ海外バイナリー業者は「不自然な取引」を厳しく監視しています。不自然にいきなり大きな額が入金されたり、不自然に大きな額での取引が行われたりすると監視対象になりやすいようです。
また、不自然に勝ちすぎると「凍結・取引制限」されるケースがあり得ます。
凍結と言っても出金できないわけでなく、取引ができなくなる、または1回の取引上限金額が制限されるケースがほとんどで、出金できなくなるようなケースはよっぽど悪質と疑われたケースです。
普通に取引しているようであれば心配することはありません。また、運よく勝っている人はちょこちょこ出金するようにすればリスク回避にもなります。
 

マネーロンダリング行為

取引なしに入出金を行うことは、海外バイナリーに限らず、FXも仮想通貨の世界も共通でマネーロンダリング行為に該当するためご法度とされます。
マネーロンダリングする意図がなくても取引なしに入出金を行うことを繰り返すと、手数料を余計に取られたり口座凍結される恐れがあるためやめましょう。
 

Highlow.com(ハイローオーストラリア)の口コミ評判

Highlow.comの評判は他のサイトを含めて概ね高評価です。これはプロモーションだけではなかなかここまでの高評価を得るのは厳しいと思います。実際、問い合わせ等の対応も問題なく対応してもらっているので安心できる印象があります。 何より、出金に関しての評価は高く、出金指示をかけて実際の着金まで1営業日程度なので使い勝手も国内業者とほぼ同じ感覚で利用できる業者だと思います。      

ハイロードットコムの口座開設方法

 
Highlow.comの口座開設はスマホからでも簡単に登録でき、たった3分程度で本人確認まで含めて全ての手続きを完了することができます。
スマホだと本人確認書類の写真のアップロードまで簡単に行えるのでスマホでの口座開設がおすすめです。
 

口座開設登録方法

ハイロードットコムの口座開設は以下のHighlow.com公式サイトから行えます。

 

ハイロードットコムの公式サイト
 
登録ページでは以下の項目の入力を行います。
 

 

入力項目

基本情報

      名前(漢字)
      名前(カナ)
      メールアドレス
      パスワード

追加情報

      郵便番号
      市区・郡町村名
      町・字名
      丁目・番地
      建物名(勤務先は不可)
      生年月日
      携帯電話番号


 

本人確認書類のアップロード

 
Highlow.comは本人確認に関して自動認証システムを使用している為、アップロードした写真が問題なければ数分で完了します。
 

 
口座開設情報の入力が完了すると、本人確認作業の案内が表示されるので「次へ」を押します。
 

 
Highlow.comの本人確認は運転免許証・パスポート・マイナンバーカードのいずれかから1点提出することで完了します。
運転免許証とパスポートの場合、自動認証なので数分で完了しますので、この2点のいずれかの提出がお勧めです。マイナンバーカードの場合のみ1~2営業日かかります。
 

 
選んだ証明書の細かい指示が表示されるので、条件に合っている写真を「ファイルをアップロードする」ボタンを押してスマホの中から写真をアップロードします。数分後、本人確認が完了するとメールにて通知が届きます。
 

注意

運転免許証・パスポートの本人確認書類の認証は自動で行われます。そのため、画像が機械的に判別できるよう、書類の四隅が確認でき文字が読み取れる写真をアップロードします。画像が小さくて、文字が読み取れなかったり、書類の四隅がきちんと入っていなかった場合には再度提出を求められる可能性があります。
 

 

 

Highlow.com(ハイローオーストラリア)の評価

 

Highlow.com(ハイロードットコム)
  • ペイアウト
  • 手数料
  • 取引ツール
  • 取引種類
  • 入出金
4

海外バイナリーの代表的業者

Highlow.com(ハイローオーストラリア)は日本語対応されている現存する海外バイナリー業者の中で一番の歴史を持つ業者であり、今でもトップの人気を誇ります。サポート面や入出金面でも国内業者と遜色ないサービスを提供し、業界トップクラスのペイアウトを提示し続けています。これから海外バイナリーオプションを始める人には口座開設の第一候補になると思います。

Sending
User Review
5 (1 vote)



キーワード