ザオプション

ザオプション(theoption)の取引プラットフォームの使い方

このページを見ている人は、ザオプション(theoption)に興味がある人だと思います。

ザオプション(theoption)は高いペイアウトや約定力の高さ、使いやすさに定評のあるバイナリーオプション業者です。

 

合わせて読みたい

ザオプション(theoption)とは ザオプション(theoption)は「ザオプ」とSNSでは略されることもある、人気のバイナリーオプション業社です。ザオプションはハイローオーストラリア・ファイブス[…]

 

ザオプションの取引ツールの使い方をここでは詳しく説明します。気になる人はでデモ取引を試してみましょう。

 

 

\ 口座開設+入金で7000円もらえる /

ザオプション公式サイトはこちら

 

ザオプション取引ツール画面

PC版取引ツール画面(WEB)

PC版の取引ツール画面はオーソドックスば画面設計になっていると思われるため、直感的に使えるかなと思います。

 

ザオプション取引ツール画面

 

スマホ版取引ツール画面(WEB)

スマホ版取引ツールも同じWEBベースのものですので、基本的に機能は同じです。

ただ、画面の解像度の関係から、一定化の大きさの画面になり、スマホレイアウトになる場合はインジケータ追加ができなくなる仕様になっています。

 

ザオプションスマホ取引画面

 

ザオプションの取引の仕方

 

取引を選ぶ

ザオプションでは4種類の取引を選ぶことができます。まずはこちらから行いたい取引を選びます

 

ザオプション取引ツール取引選択画面

 

 

取引種類説明
HIGH/LOWスタートから判定時間まで15分以上のオーソドックスなバイナリーオプション。
締切1分前までエントリー可能。
エントリー時の価格と判定価格が同値だった場合(引き分け)は払い戻し
短期30秒から5分までの短期取引。
エントリーのタイミングからカウントダウンが開始される
エントリー時の価格と判定価格が同値だった場合(引き分け)は負け
スプレッド HIGH/LOWスタートから判定時間まで15分以上のバイナリーオプション
判定時の価格の一定の±幅がスプレッドと呼ばれる負けゾーンとなり、エントリーポイントからスプレッド以上の値が動かないと勝ちにならないが、ペイアウトが通常HIGH/LOWより高い
短期スプレッド30秒から5分までの短期取引。
通常短期取引よりペイアウト率が高いがスプレッドがあるので、エントリーポイントからスプレッド以上の値が動かないと勝ちにならない

 

取引時間を選ぶ

ザオプションでは4種類の取引を選ぶことができます。まずはこちらから行いたい取引を選びます

ザオプション取引ツール時間選択

 

取引の満期時間を選びます。ザオプションでは短期取引の30秒と1分が特にペイアウトが高いのが特徴です。

 

通貨を選ぶ

取引対象通貨を選びます

ザオプション取引プラットフォーム通貨選択画面

 

取引通貨によってペイアウトが変わります。メジャーなUSD/JPYやEUR/USDなどがペイアウトが高い傾向があります。

 

金額・ハイ/ローを選んでエントリー

 

エントリーが成功するとチャートにエントリーポイントの印がつきます。

同時に「実行中の取引」画面に、現在の取引の残り秒数や、現在のペイアウトが表示されます。

今回は1000円分の「HIGHエントリー」して予想通り価格が上昇しているので、1960円のペイアウトになることが表示されています。

これで、このまま満期を迎えると残高にペイアウトが加算されます。

 

ザオプション取引中画面

 

転売で途中損切り・利確も可能

ザオプションでは2分以上の取引では、1分前まで「転売」と呼ばれる途中売却が可能です。

想定以外の方向に相場が動いた時は価値は締切時間にむけてどんどんゼロ円になっていきます。完全にゼロ円になる前に転売して損切りすることができます。

逆に予想通りであっても最初から満額のペイアウトになるわけではなく、締切時間が短くになるにつれてペイアウト価格がどんどんあがっていきます。早期に転売することで、満額のペイアウトにはなりませんが、利益を確定することも可能です。

 

 

例えば、上記の場合、予想に反している状況で、1000円のエントリーのペイアウト価格がどんどんゼロに近づきつつある状況です。

このタイミングで「転売」すると、571円のペイアウトで損切りすることが可能です。

 

ザオプションのチャート機能

ザオプションのチャート機能をうまく使えば、ある程度の取引は単体でも可能です。

チャート種類

ザオプションチャート種類

 

ザオプションの取引ツールは「エリアチャート」と「ラインチャート」の2つが選べます。

エリアチャート

ザオプションエリアチャート

 

ラインチャート

ザオプションラインチャート

 

テクニカルインジケーターの追加

ザオプションは3種類の基本的なテクニカルインジケータをチャートに表示することが可能です。

数は少ないですが、有名なテクニカルインジケーターなので、うまく使うと勝率上昇につなげることができます。

 

 

単純移動平均線(SMA)

単純移動平均線(SMA)は、一定期間の終値の平均を算出してつなぎ合わせたもので、ジグザグした値動きのブレを慣らして価格トレンドの方向や強さを見るためのテクニカルチャートです。

期間中のすべての終値を同等に扱い、平均して計算されているため、相場の大きな方向性(トレンド)を把握することができますが、リアルタイム性には弱いので、中長期のトレードをする場合に有効な指標と言えます。

 

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、移動平均を表す線とその上下に値動きの幅を示す線を加えた指標で、「価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まる」という統計学を応用したテクニカル指標のひとつです。

特徴は、相場の異常性、ボラティリティ(値動きの大小)、トレンドの強弱を知ることができ、収束と拡散を繰り返していることで、この動きにあわせて「順張り」「逆張り」それぞれの投資に利用することができます。

 

RSI

RSI(相対力指数)は、オシレーター系のテクニカル指標の代表格で、現在の相場の相対的な強弱(又は過熱感)を表す指標です。

特徴としてボックス相場が続いているときの的中率は高いものの、上下に強いトレンドが出る場合に弱く、売買シグナルが出ていたとしても外れることがります。

 

登録不要デモ取引で実際に触ってみよう

ザオプションは登録不要でデモ取引をすることができ、取引ツールの使い勝手や約定力の高さや稼ぎやすさを実際にデモ取引することが気軽にできます。

 

\ 口座開設+入金で7000円もらえる /

ザオプション公式サイトはこちら

 

ザオプションデモ

 

「フリーデモを試す」ボタンを押すだけで何も情報の登録をすることなく、100万円の仮想残高でデモ取引が可能です。

万一残高がなくなったら、ページを閉じて再度開き直せば、残高はリセットされます。

気になった場合、まずはデモ取引をして試してみることをおすすめします、

 

\ 口座開設+入金で7000円もらえる /

ザオプション公式サイトはこちら

 

Ads
ザオプション
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!