海外バイナリーオプション | バイオプデータバンク

原油バイナリーオプション比較


icon-refresh2020/05/27

2020年に入り、アメリカがもたらしたイラン危機で原油価格は一気に高騰。その後の展開が危ぶまれたものの、イランの「抑制的報復」により落ち着きを取り戻しつつあります。
 
このような情勢不安による原油価格の変動も投資対象が幅広いバイナリーオプションをうまく活用して利益を狙ったり、リスクヘッジをしたりすることができます。
 

 
上記は2020年の年末年始の原油先物チャートです。
1/3のアメリカのイランへの攻撃の報道で一気に原油価格が高騰し、1/8のイランの報復攻撃で価格は一気に頂点に達したものの、イランの「抑制的報復」だったことが明らかになるにつれ急落し、落ち着きを取り戻しています。
これらの報道のタイミングで乗れば、かなりの確率で勝つことができたと言えるかもしれません。
また、万一読みが外れても損失は限定的なので、チャレンジしやすいのも特徴です。

 

原油バイナリーオプション比較

 
本サイトで紹介している海外バイナリー業者で原油関係の取引ができるのは、ハイローとファイブスターズマーケッツの2社でした。
両社とも原油先物取引でのバイナリーオプションになります。
 

業者名 対応取引 ペイアウト 詳細
ハイロー 商品指数
UKOIL/USOIL
2倍スプレッド)
1.8倍(ハイロー)
詳細
ファイブスターズマーケッツ 原油先物 1.6倍 詳細
ZenTrader USOIL 1.7倍 詳細

 

ペイアウト2倍の「スプレッド取引」が狙い目

ハイローは、他の投資商品と同じ高いペイアウトを原油指数取引でも提供しています。中でも「スプレッド取引」というバイナリーオプションはペイアウト2倍の高倍率のペイアウトを誇ります。

スプレッド取引はペイアウトが高い代わりに、「負けゾーン」であるスプレッドが設定されています。
 

 

スプレッド取引は、引き分けと言うものは存在しなく、相場がある程度大きく動かないと「負け」にな流代わりにペイアウトが通常よりも高いのが特徴です。
 
情勢が不安定な状況の場合の原油取引は大きな価格変動が起きる可能性が高い状況にあり、「相場が動かずに負ける」というリスクも低下している状況と言えます。このような状況の時は「スプレッド取引」を選ぶ価値があると言えます。
ただし、ハイローは毎日1回翌朝6時満期のバイナリーオプションとなるので、取引間隔が長いのがネックです。

 

ZenTraderやファイブスターズマーケッツは短期のバイナリーを提供

 

 
Highlow.comに対してファイブスターズマーケッツ やゼン・トレーダーはもっと短い単位での満期になる短期バイナリーを提供しています。
ペイアウトは若干Highlow.comより落ちますが予測しやすいと言えると思います。
 

他の投資のリスクヘッジにも

このような情勢不安の状況に陥ると株価も急落するケースが多いです。
例えば株式取引を行なっている人は、株価急落のリスクヘッジとして原油バイナリーオプションを行うのも有効な方法と言えると思います。是非、海外バイナリーオプションを有効に活用していきましょう。




キーワード