土曜日や日曜日取引が可能なバイナリー業者比較

最近注目度が上がっている、土曜日・日曜日を含めた休日取引が可能なバイナリーオプションを比較してみしょう

土日も取引可能なバイナリーオプション業社比較

かつて、バイナリーオプションはFXと同じく市場が動いていない土曜日や日曜日などの週末は取引することができない業者がほとんどでした。

しかし、最近はマーケットが開いている仮想通貨(暗号資産)取引や、OTC取引や独自のレートで土日の取引が可能になる業者が増えてきています。

 

土日取引可能な資産比較

会社名取引可能資産数
ブビンガ
ブビンガ
為替:24(OTC)
仮想通貨:2
コモディティ:4(一部OTC)
インデックス:4
株式:14(OTC)
fivestarsmarkets
fivestarsmarkets
仮想通貨:19
BI-Wining
BI-Winning
仮想通貨:19
zentrader
zentrader
仮想通貨:2
インデックス:2
ポケットオプション
ポケットオプション
為替:38(OTC)
仮想通貨:16(Bitcoin以外はOTC)
コモディティ:7(OTC)
インデックス:10(OTC)
株式:19(OTC)
upvsdown
UP VS DOWN
仮想通貨:1
IQCent
IQCent
為替:43(OTC)
仮想通貨:17(OTC)
コモディティ:4(Live/OTC)
インデックス:7
株式:4(OTC)

 

日本語対応していないPcketoption・IQCentは数多くのOTC銘柄を扱っており、取引対象が非常に多いのが特徴だけど、完全日本語対応でOTC銘柄を扱っているのは現時点で唯一ブビンガだけになるんだよね。

土日取引ペイアウト比較

会社名ペイアウト
ブビンガ
ブビンガ
76〜90%
平均85%程度
fivestarsmarkets
fivestarsmarkets
62〜75%
平均72%程度
BI-Wining
BI-Winning
60〜80%
平均72%程度
zentrader
zentrader
60〜95%
ポケットオプション
ポケットオプション
45〜92%
通貨は平均85%程度
upvsdown
UP VS DOWN
80〜120%
勝った方が負けた方の投資額を総取りして投資額で均等配分
IQCent
IQCent
20〜95%
平均75%程度

 

IQCentはペイアウト率が高いんだけど、日本語対応していないのが残念なところ。ブビンガのOTC取引はペイアウト率の高い取引も提供されているよ

ブビンガの土日取引の特徴

土日でもOTCで為替・指数・株式・コモディティの取引が可能

ブビンガ土日取引銘柄
2022に参入した新しいバイナリーオプション業社である「ブビンガ」は唯一、OTC取引(店頭取引)でのレートでマーケットがクローズしていても為替のバイナリーオプションを提供しています。

為替の他にも、仮想通貨やインデックス、商品取引なども提供し、取引の幅が一番広いのが特徴です。

 

土日もNFX取引で最大10,000%のペイアウトも狙える

ブビンガ土日取引銘柄
ブビンガ唯一のバイナリーオプション「NFX」は毎秒ごとにペイアウト率が変動し、取引を開始するまでペイアウト率が読めない代わりに最大10,000%のペイアウトまで上がる可能性のある取引です。こちらも土日取引が可能で、ギャンブル要素が強いですが1000%超えのペイアウト率はかなりの頻度ででていました。

NFX取引はアカウントのランクが「プレミアム」「VIP」の人が利用できる取引になります。

 

\ 簡単な登録(本人確認不要)で全機能デモ取引可能 /

ブビンガ(公式) デモ取引・口座開設はこちら

 

ゼントレーダーの土日取引の特徴

バーチャルインデックスは24時間365日取引可能で95%のペイアウト

 

ゼントレーダーから「バーチャルインデックス」というインデックス取引が新たに提供開始されました。

・ボラティリティ10(VOLATILITY 10)
・ジャンプ10(JUMP 10)

「バーチャルインデックス」の30秒取引のペイアウトは95%と高倍率でありながら土日も取引可能な商品になっています。

 

 

\ 簡単な登録(本人確認不要)で全機能デモ取引可能 /

ゼン・トレーダー(公式) デモ取引・口座開設はこちら

 

 

UP vs DOWNの土日取引の特徴

UP VS DOWNはビットコインのバイナリーオプション15秒取引で、「上」か「下」でそれぞれ賭けを行うイメージのかなりゲーム性の高い取引です。

勝った方が負けた方の掛け金を総取りして、投資額に応じて払い戻されるシステムですので、ペイアウト率は常に変動しますが、参加者が割と多いのでそれほど低いペイアウトになるケースは珍しいです。

Polygon(MATIC)という暗号通貨で取引を行い、ウォレットをサイトに接続すれば入金も必要なく、勝てば自動的にウォレットに払い戻され、負ければ引き去られるという新世代のバイナリーオプション取引です。

そのため、面倒な口座開設や本人確認なども一切なく気軽にゲーム感覚でチャレンジすることが可能です。

 

\ 登録なしでプレイができる /

UP VS DOWN(公式) デモ取引・口座開設はこちら

 

 

ファイブスターズマーケッツは取引所チャート

ファイブスターズマーケッツ/BI-winningの土日取引

ファイブスターズマーケッツは土日取引は仮想通貨のみの取引で、ペイアウトも若干低めですが、すべて取引所のレートで取引が行われています。

TradingViewやMeta Traderなどのチャート分析が利用できるという利点となによりチャートのレートが公正なのがメリットです。

 

 

\ 登録なしでデモ取引可能 /

ファイブスターズマーケッツ(公式) デモ取引・口座開設はこちら

 

ポケットオプションは土日でも多数のOTCと銘柄を提供

ポケットオプションは土日でも多数のOTC取引銘柄を提供しています。OTCの場合はペイアウト率が比較的高いのが特徴です。

 

ポケットオプションは、取引ツールは日本語対応、国内銀行からの入出金に対応し、サポートのみ英語という半日本語対応のバイナリーオプション業者ですが、為替は概ね90%以上のペイアウトを提示するような高水準で多数の銘柄の取引が可能です。

 

\ 登録なしでデモ取引可能 /

ポケットオプション(公式) デモ取引・口座開設はこちら

 

 

IQCentは日本語非対応業者は土日取引が充実

IQcent
IQセントは43もの為替ペアのOTC取引と17種類の暗号資産(仮想通貨)の取引を提供するなど、平日並みのラインナップを提供しており、最大95%ものペイアウトを提示しているのが特徴です

 

 

IQcetnt(公式) デモ取引・口座開設はこちら

総合的にみておすすめの業者は?

土日取引できるバイナリーオプション業者の中でペイアウトや取扱資産数を重視するとIQCentになりますが、日本語サポートもなく、取引画面も英語のため、若干難しいのと仮想通貨の入金のみというデメリットがあります。

 

これに対して、日本語サポートや複数の入出金手段も提供されて取引しやすい業者の中で、複数取引の多彩さ、ペイアウト率の高さの総合的なバランスではブビンガが一番面白いのではないでしょうか?

\ 簡単な登録(本人確認不要)で全機能デモ取引可能 /

ブビンガ(公式) デモ取引・口座開設はこちら

 

BO Databank【公式】

バイナリーオプションで利益を上げるにはより「勝ちやすい」海外バイナリーオプションで口座を作るべきです   なんでわざわざ…

Ads
最新情報をチェックしよう!

海外BO比較の最新記事8件

error: Content is protected !!