海外バイナリーオプション | バイオプデータバンク

海外バイナリーオプション業者をペイアウト率で比較


2020/03/04

海外バイナリーオプションは各社ユニークなサービスをそれぞれ展開していますが、予想が的中した時の払戻を決定する倍率であるペイアウト倍率をそれぞれ独自に設定しており、各社ペイアウト倍率が異なります。ペイアウト倍率が高いほど大きな利益を獲得することができるため、気にするべきポイントの一つになります。

 

海外バイナリー業者最大ペイアウト比較

 

業者名 1分 5分 60分 詳細
Highlow.com 2.1倍 1.85倍 1.89倍 詳細
theoption 2倍 1.77倍 1.8倍 詳細
ファイブスターズマーケッツ 1.82倍 1.82倍 1.65倍 詳細
BITODDS 1.7倍 1.75倍 詳細
SPECTRE.AI 1.9倍 1.9倍 1.9倍 詳細
ZenTrader 1.95倍 1.8倍 1.85倍 詳細
 
※上記ペイアウトは2020年3月4日13時時点のものです。

 

ハイローとtheoptionのスプレッド取引はペイアウト2倍以上

 
Highlow.comとtheoptionは「スプレッド取引」というバイナリーオプションを提供しており、スプレッド取引は最低でも2倍のペイアウトを提示する商品となっています。
特にHighlow.comでは30秒のスプレッド取引で2.2倍という驚異の水準のペイアウトを常時提示しています。
 


 
スプレッド取引はペイアウトが高い代わりに、「負けゾーン」であるスプレッドが設定されています。
例えば、上の画像では現在価格が110.751なのですが、110.755より上か110.747より下かを予想します。なので、通常の取引であれば、現在価格の110.751より上か下かの予想が当たれば「勝ち」もし終了時に110.751(変わらず)の場合「引き分け」になりますが、スプレッド取引の場合、スプレッドの分相場が動かないと勝てないため条件が厳しくなる代わりにペイアウトが上がる仕組みなのです。とはいえ、スプレッド2倍は魅力的です。

 

SPECTREは流動性次第で大きくペイアウトが変わる

 
SPECTREは「EPIC5000」という指数での取引の場合、ある程度の流動性があるため上記のような短期でも長期でも安定したスプレッドを提示するのですが、為替ペアの場合、時間帯によってはペイアウト1.1倍という非常に低い時もありますので注意が必要です。

 

全ての取引でハイローのペイアウト率が高い

 
1分、5分、60分という3つの取引時間でペイアウトの比較を行いましたが、安定して優れたパフォーマンスを発揮したのはHighLow.comでした。ペイアウト重視なら間違いない業者と言えます。
また、新しく参入したゼン・トレーダーも全ての時間帯に置いてそこそこのスプレッドを提示しています。こちらも要注目です。




キーワード