海外バイナリーオプション | バイオプデータバンク

ハイロー取引(クラッシック取引)でペイアウト率を比較


icon-refresh2021/09/09

海外バイナリーオプション業者の取引は5分未満の「短期」取引とそれ以外の取引があります。
一般的に短期取引は「オンデマンド取引」ともいう業者もあるように、HighかLoかのエントリーをしてから一定の時間で判定するものですが、それに対して、一般の取引として「開始時間と終了時間」が終了されている取引があり「HighLow」取引とか「クラッシック取引」といった名称で取引できるようになっています。
 

 

ハイロー取引(クラッシック取引)のメリット

短期取引は先が見通しやすいから勝ちやすいというわかりやすいメリットがあるので有名ですが、ハイロー取引(クラッシック取引)にもメリットがあります。
それは、中期から長期(といっても23時間後)の取引になるため、通常のFX取引と同じ手法が通用しやすい、ひいてはテクニカル分析が通用しやすいというメリットがあります。
国内のバイナリーオプションもすべて「開始時間と終了時間」が決まっているものなので同じ感覚で取引できるのも魅力の1つです。
 

国内のバイナリーオプションやFX取引になれている人にはおすすめのバイナリーオプションだよ。

海外バイナリー業者最大ペイアウト比較

 
業者名をクリックすると公式ページにジャンプします。

会社名15分1時間1日
Highlow.com1.85倍1.9倍1.95倍
theoption1.82倍1.8倍
ファイブスターズマーケッツ 1.8倍1.8倍1.7倍
SPECTRE.AI1.8倍1.8倍1.8倍
ゼン・トレーダー
1.85倍1.85倍

 
※上記ペイアウトは2021年9月9日17時時点のものです。

 

スプレッド取引では2倍のペイアウト

 
Highlow.comとtheoptionは「スプレッド取引」というバイナリーオプションを提供しており、スプレッド取引は最低でも2倍のペイアウトを提示する商品となっています。
 

 

スプレッド取引はペイアウトが高い分負ける確率も上がる

 
スプレッド取引はペイアウトが高い代わりに、「負けゾーン」であるスプレッドが設定されています。
例えば、上の画像では現在価格が110.751なのですが、110.755より上か110.747より下かを予想します。なので、通常の取引であれば、現在価格の110.751より上か下かの予想が当たれば「勝ち」もし終了時に110.751(変わらず)の場合「引き分け」になりますが、スプレッド取引の場合、スプレッドの分相場が動かないと勝てないため条件が厳しくなる代わりにペイアウトが上がる仕組みなのです。とはいえ、スプレッド2倍は魅力的です。
 

ハイロー取引の場合、比較的時間が長くなるため、判定のタイミングのときにはある程度相場が動いているケースも多いので、スプレッド取引こそ短期でないバイナリーオプションではおすすめだよ。

 

スプレッド幅比較

 

会社名15分
Highlow.com0.1
theoption0.4

 
スプレッド取引はHighLow.com(ハイローオーストラリア)とtheOptionのどちらもペイアウト2倍なのですが、実はスプレッド幅に違いがあります。ハイロードットコムがよりスプレッド幅が狭いため勝ちやすくなっています。

 

ペイアウト率、スプレッド幅のどちらもハイローが有利

 
通常のバイナリーオプション・スプレッドオプションの両方をみてもどちらもペイアウト率が一番高く、しかもスプレッド幅が狭いためハイローが一番有利な条件で取引できる業者といえます。
その他の時間帯においてもハイローはペイアウト率にこだわりがあると思われどの時間帯も一番高いペイアウト率を提示しています。

ペイアウトが高いおすすめ業者

Highlow.com

ハイローオーストラリアは日本円で入出金ができる海外バイナリー業者で日本でのサービス期間も長く一番安心できる業者と言えます。通常時のペイアウトもかなり高いので短期取引にもおすすめです。(オーストラリア金融当局AFSL(Australian Financial Services Licence)番号:No.364264)




キーワード