海外バイナリーオプション | バイオプデータバンク

ペイアウト率で海外バイナリーオプション業者を比較


海外バイナリーオプションは各社ユニークなサービスをそれぞれ展開していますが、予想が的中した時の払戻を決定する倍率であるペイアウト倍率をそれぞれ独自に設定しており、各社ペイアウト倍率が異なります。ペイアウト倍率が高いほど大きな利益を獲得することができるため、気にするべきポイントの一つになります。

 

海外バイナリー業者最大ペイアウト比較

 
業者名をクリックすると公式ページにジャンプします。

会社名最大ペイアウト
Highlow.com2.3倍
(ターボスプレッド30秒)
theoption2倍
(スプレッド)
ファイブスターズマーケッツ 1.9倍
(EUR/JPY30秒〜5分)
BITODDS 2.11倍
(スプレッド取引・フリーベット1分)
SPECTRE.AI1.9倍
(EPIC5000)
ゼン・トレーダー
1.95倍
(30秒・1分)
 
※上記ペイアウトは2020年5月18日10時時点のものです。

 

スプレッド取引では最低でも2倍以上のペイアウト

 
Highlow.comとtheoption、BITODDSは「スプレッド取引」というバイナリーオプションを提供しており、スプレッド取引は最低でも2倍のペイアウトを提示する商品となっています。
特にHighlow.comでは30秒のスプレッド取引で2.3倍という驚異の水準のペイアウトを常時提示しています。
 


 

スプレッド取引はペイアウトが高い分負ける確率も上がる

 
スプレッド取引はペイアウトが高い代わりに、「負けゾーン」であるスプレッドが設定されています。
例えば、上の画像では現在価格が110.751なのですが、110.755より上か110.747より下かを予想します。なので、通常の取引であれば、現在価格の110.751より上か下かの予想が当たれば「勝ち」もし終了時に110.751(変わらず)の場合「引き分け」になりますが、スプレッド取引の場合、スプレッドの分相場が動かないと勝てないため条件が厳しくなる代わりにペイアウトが上がる仕組みなのです。とはいえ、スプレッド2倍は魅力的です。
 

ノーマル取引最大ペイアウト比較

 
業者名をクリックすると公式ページにジャンプします。

会社名最大ペイアウト
Highlow.com1.95倍
(ターボ30秒)
theoption1.96倍
(短期30秒・キャンペーン時)
ファイブスターズマーケッツ 1.9倍
(EUR/JPY30秒〜5分)
BITODDS 1.96倍
(フリーベット1分)
SPECTRE.AI1.9倍
(EPIC5000)
ゼン・トレーダー
1.95倍
(30秒・1分)
 
※上記ペイアウトは2020年5月18日10時時点のものです。
 

ノーマル取引は各社ほぼ横並び

 
ノーマル取引の最大ペイアウトは各社とも1.9倍長でHighlow.comとビットオッズが頑張っており、新参のゼン・トレーダーも健闘していることがわかります。
throptionはキャンペーン実施時のペイアウトになっていますが、キャンペーン終了時でもそれほど大きく変わらないと想定されます。
ファイブスターズマーケッツ は以前よりペイアウト率が低めなのが弱点でしたが、2020年4月に見直しを行いあまり変わらない水準まで上がってきました。
 

ファイブスターとスペクターは通貨ペアによりペイアウトが変わる

ファイブスターマーケッツは、通貨ペア毎に最大ペイアウト率が変わり、70%台のものもあるので、取引した通貨ペアのペイアウト率を事前に確認することをおすすめします。
SPECTREは「EPIC5000」という指数での取引の場合、ある程度の流動性があるため上記のような短期でも長期でも安定したスプレッドを提示するのですが、為替ペアの場合、時間帯によってはペイアウト1.1倍という非常に低い時もありますので注意が必要です。

 

ペイアウト率で選ぶなら、ハイロー、theoption、BITODDS、ゼン・トレーダーがおすすめ

 
とにかく高いペイアウトを狙うなら、スプレッド取引を提供するHighlow・theoption・ビットオッズの3社がおすすめです。
ノーマル取引をメインで行うのであれば、1分取引でも高いペイアウトを提示しているゼン・トレーダーやビットオッズがおすすめです。




キーワード