海外バイナリーオプション | バイオプデータバンク

副業としてのバイナリーオプションはアリかナシか?


icon-refresh2021/02/23

コロナ禍の影響で、一時帰休や残業規制などが発生し「時間があるけど金がない」という状況の方も増えていると思います。
企業によってはリモートワークが基本になったりダブルワークが可能になるなど、今までの働き方が根本的に変わっているところもあり、「副業」を始める人も増えているといいます。
そこで、今回は「副業としてのバイナリーオプション」を考えてみようかと思います。
 

副業としてのバイナリーオプションはアリかナシか?


 
バイナリーオプションを紹介する当サイトの立場としては当然アリに一票なのですが、無条件でアリ!というわけではありません。
バイナリーオプションもFXも仮想通貨(暗号資産)も全て投資ですのでどれもリスクが伴います。
どの投資でも共通して言えますが、適当に始めると運で勝てる場合もありますが、最終的には逆にお金を減らす結果になる場合もあるので注意が必要です。
「余裕資金がある場合」かつ、十分な試行錯誤を行って勝てそうな投資ルールがの見込みが立っている場合での副業ならお勧めできます。
欲張りは禁物ですが、比較的少ない原資(1〜2万円)で月数万円レベルでの収益はバイナリーオプションで十分狙えます。もちろん収益が上がってこれば1回の投資金額を上げてもっと大きな収益を狙うことも可能です。
 

バイナリーオプションを副業とするメリット


 
バイナリーオプションは投資商品の性質上、このご時世での副業に向いていると言えます。
まずはバイナリーオプションが副業に向いている理由を見てみましょう。
 

時間が短いのでスキマ時間で取引できる


 
何と言ってもバイナリーオプションは取引時間が短いです。国内では長くて3時間、最短で2分後に結果がわかります・
海外のバイナリーオプションにおいては、30秒、60秒で結果が出るものが普通にあります。スキマ時間がある場合にスマホでチャートを確認し、勝てそうならエントリーする、そんな取り引きスタイルでいつでもどこでも投資することができるので、時間がある人はもちろんのこと、時間がない人でも副業としてのバイナリーオプションに取りかかることができます。
 

一度エントリーしたら放っておいても基本はOK

バイナリーオプションは、必ず終わりが決まってる投資商品です。
FXなどをサラリーマンが副業して、就業中に売買入れてしまうと、その後の仕事が手に付かないなんてことがよくあります。
バイナリーオプションの場合一度エントリーしてしまえば、あとは判定時間を待つだけですので、ちょっと目を離した隙にエントリーしそびれる、暴落して損失を出してしまう、というようなことはありません。
 

投資対象が多岐にわたるのでチャンスが多い

投資対象は為替の他にも株式や株式指数、原油や金などのコモディティ、仮想通貨(暗号資産)など、様々な資産を対象としており、チャンスが多いのが特徴です。
しかも「売り」も「買い」もできるので、下げ局面でも上げ局面でも収益が狙えます。
 

リスクが限定される

FXなどの証拠金取引で比較的大きなレバレッジをかけての取引は、相場急変時に大やけどしますので副業としての取り組みはお勧めできません。
その点バイナリーオプションは負けてもゼロになるだけですので、1回の取引額でリスクの大きさを自分で決めることができます。
「負けても安心」というマインドは副業として投資するにはとても重要なものと言えると思います。

 

副業禁止の会社の人や公務員でもOK


 
副業が禁止されている公務員や、会社員、もしくは大学生などの学生でも、バイナリーオプションは投資という扱いになるため問題がありません。
自分の資産の運用によって収入を得ることは「投資」、本業以外での労働によって収入を得ることを「副業」と分類しますので、安心して取り組んでOKです。
もちろん業務中にスマホ等で取引しているのを見つかるとロクなことにならないので、その点は注意しましょう。
 

バイナリーオプションで利益が出ているのを会社にバレたくない場合

先ほど記載したようにバイナリーオプションで利益が出たとしても「投資」での利益になるので、基本的にやましいことはありません。
ただ、やっぱり大きな利益が出てしまった場合などは、あまりバレたくないという人もいると思います。
もし、会社にあまり知られたくないという場合は、確定申告の際の住民税の納付方法を「普通徴税」を選択する必要しましょう。
 

住民税の納付方法
特別徴税:給与からの天引きにより納付
普通徴税:自分自身で納付
 
確定申告の際に特別徴税を選択してしまうと、会社の給料から住民税が天引きされてしまうので会社にバレてしまうおそれがあります。

 

デモ取引のできる会社や、無料ボーナスをうまく活用しよう


 
副業としてバイナリーオプションを始める場合、やはり失敗は少なく始めたいものです。
本サイトで紹介している会社の多くはデモ取引を提供している会社が多いですので、無料デモでまずは副業としてやっていけそうかを確認するのをおすすめします。
さらには口座開設時に無料ボーナスがもらえる会社もあります。
例えば、ハイロードットコムなどは最低入金額である5,000円を入金した場合、別で5,000円の無料クレジットがボーナスとしてもらえます。
具体的には5,000円を入金した場合、原資1万円から取引がスタートできます。このボーナスですが、取引せずに引き出すことはできませんが、まず最初の5千円までの投資に関してはこのボーナスが優先して使われます。
投資の結果買ったお金は引き出し自由で、仮に負けてもボーナスなので自分の懐は痛くない、というリスクフリートレードが5,000円分できます。
特にこのボーナスは変な落とし穴もないので安心して使えますので、このような制度をうまく生かしましょう。
 

怪しいLINEグループや美味しすぎるボーナスには注意!


 
「バイナリーオプションが絶対に勝てる方法を無料で教えます」とか「勝率○○%のシグナル配信が無料で!」とかとっても美味しい話で勧誘しているのをたまに見かけますが、あまりオススメできません。
中には本当にそんな奇特な人がいる可能性は否定しませんが、通常絶対儲かる話を無料で教えてくれたり、数万円で教えてくれるとは考えにくいです。
よくある手口として、詐欺まがいのバイナリーオプション業者の口座を開かせてその報酬を得る、とか勝てもしないサインツールを買わされるとか、ろくなことがありません。
特に口座開設を指定されるケースの場合、詐欺まがいの業者を紹介されて出金できなくなる、という報告もありますので、「利益が出なければ報酬は無し、なのでリスクはありません」と書いてあっても詐欺被害に会う可能性があります。
 
また、最近でこそあまりみかけなくなりましたが、口座開設+入金時に入金額と同じ額のボーナス(100%ボーナス)をプレゼント!というような業者もたまに見かけます。
これは過去トラブルになった典型的なバイナリーオプションのパターンで、入金額の何十倍も取引をしないと、入金したお金を出金することすら許されない、というトラブルになりがちです。
しっかり口座開設時の同意事項にその旨記載されているので、適当に同意して口座開設してしまうとお金が引き出せないトラブルに巻き込まれてしまうのです。
美味しすぎる話は気をつけましょう。




キーワード