BO Databank

取引ツールで比較


icon-refresh2022/11/24
開設+入金で無条件取引ボーナスゲット!
口座開設+入金だけで、取引に利用できるボーナスを貰えるのでその分は仮に負けてもリスクなしで取引可能!もちろん勝ったペイアウトは引き出し可能なので絶対お得です!

  1. ザ・オプション
  2. 7,000円の取引ボーナス付与 +  【当サイト限定】口座開設後10日以内に10回取引達成すれば追加で5,000円ボーナス付与(達成後、メールかチャットで要申請) 

  3. ハイロードットコム(ハイローオーストラリア)
  4. 5,000円の取引ボーナス付与

バイナリーオプションは勘で取引していると単なるギャンブルと同じになってしまいます。
バイナリーオプションの勝率を上げるには、これからの価格がどちらに行きやすいかを分析することが大切です。
このページでは、短期バイナリーオプションを提供している各社の取引ツールを比較してみます。
 

チャートの種類を比較

 

会社名チャート種類詳細
theoption
theoption
エリア/ライン 詳細
ハイロードットコム
highlow
エリア 詳細
zentrader
zentrader
エリア 詳細
m-transactional
M-Transaction
ライン/ローソク 詳細
BI-Wining
BI-Winning
エリア/ライン/ローソク/四本値/平均足 詳細
fivestarsmarkets
fivestarsmarkets
エリア/ライン/ローソク/四本値/平均足 詳細
spectre.ai
spectre.ai
エリア/ライン/ローソク 詳細
ブビンガ
ブビンガ
エリア/ライン/ローソク/バー 詳細
 

ローソク足のチャートは分析の基本!

 
ローソク足はよくできたチャートで、価格が上がっていても勢いが落ちてきているとか、トレンドが続いているとか、単なる上下だけでない情報も一目でわかる優れものです。
ローソク足に慣れてしまうと、ラインチャートやエリアチャートだけでは怖くて取引できなくなると思います。
ペイアウトが高いハイローやtheOptionを利用している人はMetaTraderやTradingViewなどのチャートツールを併用している人がほとんどだと思います。
 

チャートの時間足を比較

 
同じ時間帯の1分足と5秒足チャートを見比べてみましょう。
1分足で見る限り、下げトレンドのように見えますが、5秒足でみてみると、下げ止まって一時的に反発しそうにも見えますね。
実際、その後反発して上がりましたが、短期取引を行う場合、より短い時間足が見れると短期の中でのトレンドも知ることができます。
 
■1分足チャート

 
■5秒足チャート

 
ローソク足を表示する場合、どの単位で一本のラインを確定させるか、が時間足になります。
エリアやラインチャートはリアルタイムでチャートが描画(tickチャート)されますのでこの比較から除外します。
 

会社名チャート種類詳細
BI-Wining
BI-Winning
1/2/5/15/30分

1/2/4時間

日足・週足
詳細
fivestarsmarkets
fivestarsmarkets
1/2/5/15/30分

1/2/4時間

日足・週足
詳細
spectre.ai
spectre.ai
15秒

1/5/15/30分

1/8時間

日足
詳細
ブビンガ
ブビンガ
5/10/15/30秒

1/2/5/10/15/30分

1/2/6/12時間
詳細
m-transactional
M-Transaction
1/5/10分 詳細
 

インジケータ数を比較

 

 
テクニカル分析で勝率をあげてくれるのに寄与するテクニカルインジケータの搭載数を比較します。
 

会社名インジ数詳細
spectre.ai
spectre.ai
115 詳細
BI-Wining
BI-Winning
25 詳細
fivestarsmarkets
fivestarsmarkets
25 詳細
ブビンガ
ブビンガ
16 詳細
theoption
theoption
3 詳細
ハイロードットコム
highlow
- 詳細
zentrader
zentrader
- 詳細
m-transactional
M-Transaction
- 詳細
 

10種類以上搭載されていれば基本的なインジはカバー

 
テクニカルインジケータ数は多ければ多いほど分析の幅も広がりますが、全て使いこなせる人もそうそういないと思います。
10種類程度あれば、基本的なインジケーターはほぼカバーされていると思います。
 

描画機能比較

 

 
チャートにトレンドラインを引いて、ラインがブレイクしたら注文を入れるという手法を利用する人も多いと思います。
中にはテクニカルインジケータを一切使わずトレンドラインだけでバイナリーオプションを攻略している人もいるくらいです。
 

会社名描画種類詳細
BI-Wining
BI-Winning
21 詳細
fivestarsmarkets
fivestarsmarkets
21 詳細
ブビンガ
ブビンガ
11 詳細
spectre.ai
spectre.ai
4 詳細
theoption
theoption
- 詳細
ハイロードットコム
highlow
- 詳細
zentrader
zentrader
- 詳細
m-transactional
M-Transaction
- 詳細
 

チャート同時表示数で比較

 

会社名最大同時描画数詳細
ブビンガ
ブビンガ
4 詳細
spectre.ai
spectre.ai
2 詳細
BI-Wining
BI-Winning
1 詳細
fivestarsmarkets
fivestarsmarkets
1 詳細
theoption
theoption
1 詳細
ハイロードットコム
highlow
1 詳細
zentrader
zentrader
1 詳細
m-transactional
M-Transaction
1 詳細
 
1画面で複数チャートが見れると分析の幅が広がります。

例えば、短い時間足と長めの時間足を合わせて見ることで、長期的なトレンドを踏まえた短期的な動きを掴むことができます。
長期的に下げトレンドに入っている場合の短期的上昇はすぐまた下げトレンドに転換してしまう可能性を踏まえた判断ができるようになります。
 
■ブビンガの4チャート同時表示の例

 
■Spectreの2チャート同時表示の例

 

各社取引プラットフォーム紹介

実際に各社の取引画面 と特徴を紹介します。デモ取引ができる会社も多いので、気になった会社はデモ取引してみましょう。
 

ハイロードットコム(ハイローオーストラリア)


 
ハイロードットコムは、ハイローオーストラリア時代から基本的に変わらない画面デザインになっていて、「シンプルで取引しやすい」を追求した画面になっています。
見た目は大きく変わっていませんが、2022年1月に取引ツールが全面リニューアルされていて、中身は最新の技術で作り直されています。
タブで複数の通貨ペア・取引時間を瞬時に切り替えてワンクリックで注文できるなど、操作性はかなりよいです。
また、見てもらうとわかりますが、チャートの描画がかなりスムーズでアプリがなくてもアプリと同等の利用感で取引できます(実際、ハイローはアプリを廃止しました)
 
HighLow 公式サイトはこちら  

theOption(ザオプション)

theOptionツール
 
ザオプションはローソク足は表示できないものの、単純移動平均線(SMA)・ボリンジャーバンド・相対力指数(RSI)の基本3テクニカルインジケータを搭載しています。
基本的なトレンドは掴めるかなと思います。
特筆すべきは、約定力に自信があるというところ。いくら分析できても思ったタイミングでエントリーできないと意味がありません。そういう意味で約定力は大きいと思います。
 

ファイブスターズマーケッツ/Bi-Winning

ファイブスターズマーケッツとBi-Winningは同じシステムを使っていると思われ、基本的にバイナリーオプション取引に関する部分の機能はほぼ同一です。
 
theoption 公式サイトはこちら  
■ファイブスターズマーケッツ
fivestarsmarketsツール
 
■Bi-Winning
Bi-Winningツール
 
ファイブスターズマーケッツおよびBi-Winningのチャート機能は必要十分な機能を備えているので、何か別にチャートツールを利用しなくても十分取引に耐えうると思います。
テクニカルインジケータも25種類搭載している上に描画機能も充実しており、単純な線や円などだけでなく、エリオットやピッチフォーク・パラレルチャネルなどの描画にも対応しています。
 
ファイブスターズマーケッツ公式サイトはこちら Bi-winningの公式サイトはこちら  

ブビンガ(bubinga)


 
ブビンガは数あるバイナリーオプション業者の中でもチャート機能はダントツで優れています。
テクニカルインジケーターも16種類提供しているだけでなく、チャートを同時に4つ表示することが可能な上に、5秒足からのチャート描画が可能で、TradingViewの無料プランよりも強力なチャートを提供しています。
描画機能もフィナボッチラインを引きこともでき、国内FX業社の取引ツールにも負けないほどの機能を持っています。
 
ブビンガ(bubinga)の公式サイト  

Sprectre.ai


 
スペクターはブビンガに次いで2画面同時チャート表示にも対応し、テクニカルインジケータ数はなんと115種類を提供しています。
チャート機能は非常に強力なので、他のチャートツールに頼る必要は全くありません。
 
Spectre.ai 公式サイトはこちら  

ゼントレーダー


 
ゼントレーダーの取引画面は非常にシンプルですが、ティックチャートの他に60秒・5分・60分のチャートに変えることができます。
取引する時間に合わせたチャートに切り替えて取引することが可能です。
また、ゼントレーダーは現在唯一PC取引アプリを提供してる業者ですが、アプリとWEBの機能はほぼ同一でアプリを積極的に選ぶ理由がないのが残念なところです。

 
ゼン・トレーダー公式サイトはこちら  

エムトランザクション


 
エムトランザクションは非常にシンプルな取引ツールですが、1分/5分/10分のローソク足チャートが表示可能です。
 
エムトランザクションの公式サイトはこちら  




キーワード


error: Content is protected !!