OTC取引ができるバイナリーオプション業者比較

最近OTC取引ができる海外バイナリーオプションが増えてきました。比較的ペイアウトが高く、通常取引できない時間帯でも取引できるため土日トレーダーにも人気があります。

OTC取引のメリットデメリットを理解し、OTC取引できるバイナリーオプション業者を比較紹介します。

 

関連記事

バイナリーオプションで利益を上げるにはより「勝ちやすい」海外バイナリーオプションで口座を作るべきです国内・海外業社の違いから、業者の選び方、怪しい業者の見分け方も紹介しています。すでに海外バイナリーオプション経験者の方はもちろん、こ[…]

 

OTCバイナリーオプション取引とは

OTC取引とは Over The Counterの略称。直訳すると「店頭」を意味します。株式や為替投資では通常、取引所を介して売買を行いますが、OTCでは、市場を介さずに当事者同士が価格や数量などを決定して売買します。

バイナリーオプションのOTC取引は、市場を介さずに取引されている取引レートでバイナリーオプションを行います。

OTCバイナリーオプション取引のメリット

  1. 市場がクローズしている土日でも取引できる
  2. 流動性が低い時間帯でも高いペイアウトが期待できる

 

 

上の画面は土曜日の夕方のブビンガバイナリーのものです。

通常土曜日ですので、為替も株式も市場が閉じているため通常は取引できませんが、OTCであれば土曜日・日曜日も24時間365日取引が可能です。しかも、通常の取引よりも高いペイアウト率が提示されているので、収益性が高いといえます。

 

OTCバイナリーオプション取引のデメリット

  1. 市場取引ではないため、レートが業者ごとに異なる(透明性が損なわれる)

 

バイナリーオプションのOTC取引はどこで行われているOTC取引のレートかが明示されていませんので、それぞれ勝手のレートでバイナリーオプション取引が行われていることになります。

通常、為替市場でのレートでのバイナリーオプションになるので、誤差はあるものの通常はほぼ似たレート・チャートでどの業者も取引が行われていますが、OTCになると、業者によって全くチャートやレートが異なります。

 

ポケットオプションのUSD/JPY OTCチャート

 

ブビンガのUSD/JPY OTCチャート

 

OTCバイナリーオプション取引ができるバイナリーオプション業者

ブビンガバイナリー(Bubinga)

 

ブビンガバイナリーは日本語サポートも完全対応されたバイナリーオプション業者です。土日も含め日本語サポートを受けることが可能です。

完全日本語対応の中で唯一OTC取引が行えるのがブビンガバイナリーとなります。

 

関連記事

ブビンガバイナリーことブビンガは2020年以降の日本語対応の海外バイナリーオプションの中で一番急速に成長を遂げていると言っても過言でない業者で、2024年の現在でも利用者が増加し続けています。ここではそんなブビンガバイナリーの特徴や[…]

ブビンガ

 

資産区分取引可能数ペイアウト
為替24通貨ペア(5分以内取引)1.94〜1.80
コモディティ2 (5分以内取引)1.92〜1.84
株式13 (5分以内取引)1.95〜1.79

 

為替は24通貨ペアの取引が可能ですが、主要な通貨はほぼカバーされています。また、調査時点ではUSDJPYなどの日本で人気のある通貨ペアは1.94倍と高いペイアウトになっていたのが印象的です。

 

\ 簡単な登録(本人確認不要)で全機能デモ取引可能 /

ブビンガ(公式) デモ取引・口座開設はこちら

 

ポケットオプション(PocketOption)

 

ポケットオプションは世界規模で展開されているバイナリーオプション業者で、日本からの入金手段や日本語の取引プラットフォームも提供されています。

日本語が話せるサポートメンバはいませんが、日本語サポートチャットグループ内で日本語の話せるポケットオプション担当者や日本人利用者が助けてくれます。

 

関連記事

ポケットオプション(Pocket Option)とはポケットオプションは2017年にサービスが開始されたバイナリーオプション業者です。日本語サイトは2020年ごろより開設されているようで、Infinite Trade Ltd[…]

 

資産区分取引可能数ペイアウト
為替52通貨ペア1.92〜1.35
コモディティ71.85〜1.45
株式191.92〜1.33

 

ポケットオプションは世界的なバイナリーオプション業者らしく、あまり見たことのない通貨ペアなども含め52もの通貨ペアで取引が可能になっています。

 

\ 簡単な登録(本人確認不要)で全機能デモ取引可能 /

ポケットオプション公式サイトはこちら

 

まとめ

土日に仮想通貨(暗号資産)以外のバイナリーオプション取引をしたいという人にとってはOTC取引をチャレンジしてみる価値はあると思います。

日本語対応してない業者はOTC取引は当たり前のように提供していますが、日本語対応業者の中でOTC取引ができるのは2社になりますが、日本語サポートも含め完全日本語対応しているのはブビンガバイナリー1社になりますので、初心者〜中級者はブビンガのほうがよりお勧めになります。

ポケットオプションはサポートを除けば、より高度な取引も可能なので、ご自分のレベルに合わせてこの2社を選ぶのがよいと思います。

 

Ads
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!